緑内障と診断されました。ゆるやかに失明に至る宿命らしいです…

5−6年前だったか、すでに正確な時期は忘れてしまったのだが、まだコンタクトレンズをしていた頃、新しいのを作るために検眼医を訪ねた時、眼の奥...

記事を読む

変えられるもの、変えるべきものを変えていくための勇気を今、僕は持ちたい

日本語訳(翻訳者:大木英夫) Wikipedia「ニーバーの祈り」より神よ 変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気をわ...

記事を読む

朝のジョギングで通った舗道に紫の絨毯ができていた。ジャカランダの季節

他の季節にはまったく気が付かないのに、ある瞬間、美しい花をつけて、その彩りで通る人を楽しませてくれる木々がある。桜もそう。シャワーツリーも...

記事を読む

アメリカの職場における「平等主義」。面接だって神経使ってたいへんなのです

前職で日本の大学や専門学校をお客様として、職場体験やキャリア研修を主とするロサンゼルスツアープログラムを提供していた。学生さんたちはだいたい...

記事を読む

マクロビオティックの小豆かぼちゃを煮る。ほこほこと栗のような自然の甘さに滋味を感じる

ホールフーズで量り売りしてきたオーガニックの小豆で、マクロビオティックのお汁粉を作ろうと思い立った。知人からお土産にいただいた「とら...

記事を読む

16歳男子が旅客機の車輪格納庫に隠れて太平洋横断。高度に耐えて無事ハワイ到着

無事に辿り着いたので良かったですけど、それ自体、奇跡に近いことらしいですね。 サンノゼ空港にいた少年が両親とケンカし、フェンスをよじ登って...

記事を読む

マックルモアの「Same Love」が変えたもの。同性間結婚が大きく進んだ2013年

2013年は、LGBTの世界において、歴史に残る一年になった。アメリカで初めて同性間の結婚が合法化されたのだ。 それまでも州単位で検討され...

記事を読む

目に入れても痛くないベビーシャンプーでドライアイ防止。まつ毛を洗うことで涙腺機能が活性化

パソコン仕事の連続で、さすがに目がショボショボしてきた。たっぷり7−8時間、寝ていると大丈夫なんだけど、最近は頭も興奮気味らしくて6時間眠る...

記事を読む

「これなしで生きていけない7つの生産性UPアプリ」をひとつしか持っていなくてちょっとビックリ

アメリカのビジネス誌「Inc.」のウェブ版に掲載されていた記事で、「これなしで生きていけない7つの生産性UPアプリ」というのがあった。こう...

記事を読む

もう歳だから…というのはどういう意味かとふと思う。中身のない決まり文句は自分を縛るだけ

人は一瞬にして変わることがあり得るし、明日からの生き方ひとつで、数年後の結果もまるで変わってくるものだ。そういうことのお手伝いをしたいと思っ...

記事を読む