• Evernoteに保存Evernoteに保存

アッという間に時間が増える? 時間の「天引き」

毎日、決まったことをすることのメリット

スティーブ・ジョブズや、Facebookの
マーク・ザッカーバーグ氏らは、無駄な
ことに自分の決断力を使わないように、
毎日、同じ服を着ています(いました)。

服を変えることに、こだわりがなければ、
自分もそうするかもなあ、と思ったり
します。

いろんな服を着るのは楽しいから、
自分ではそうはしませんが、気づけば
似たようなこと、してるものですよね。

自分の場合は「時間」の過ごし方に関して、
パターンを決めて、言ってみれば時間割が
できていて、毎日、それにビシっと沿った
生活を繰り返している。

朝、4時半位に起きて、情報をチェックし、
本を読み、ランニングかジムに出かけて
ワークアウトをする。

その後、コールドプレスで生ジュースを
絞って飲み、のんびり半身浴して、9時には
2杯目のコーヒーと共に仕事を始める。

その後の詳細は省きますが、基本、
毎日、毎日、判で押したように、
同じ時間割の繰り返しです。

時間はいくらあっても足らない性質

よく「本を読む時間がない」
「ジョギングなんてする時間がない」
「運動に使える時間がない」

とか、いろんなことに関して、
時間が足りない、時間がない、と
いうことを言う方がいます。

私ももちろん例外ではなく、
やりたいことが多すぎて、とても
今の人生で持っている時間で
全部は無理(笑)。

時間は、お金となんとなく
似ているところがありますね。

今、持っているものを、何に
使うか、それは選択。
優先順位の問題。

ただ、時間は限られた資産で
あるだけに、よりシビアに
考えないと、どんどん失うばかり。

なのに懐が痛むわけじゃないから、
どうしても「時間資産」と真剣に
向かうことが後回しになる。

という、悪循環。

時間を「天引きする」という新しい発想

お金の本の中でよく言われるのは、
まずは「天引き」をして、そのお金が
最初からないことにすれば、自然と
貯まっていく、というお話。

それは本当に事実であり、簡単な
ことなのに、確実性が保証されている
パワフルな手法なのです。

で、時間も同じことをすれば
いいのだと教えてくれた方が
いました。

時間の在庫と、どうしても今
やりたいことと、楽しみたいことと。

それらを並べてみて、これは必須、
これは二の次、これは、要らない。

それらを振り分けて、そして
必須項目を最優先して、時間割に
はめ込んでいく。

一度、入れた予定はずらさない。
それは天引きされて、「すでに
存在しない時間」だから、
いじれないルール。

優先順位を崩さずに、その時間割を
淡々と守ることだけに集中すれば、
自然といろんなことが続いていきます。

朝の自由度の高さを利用せよ

もちろん夜より朝の時間の方が、
個人に与えられた自由度が高い。

夜はやはり予定も入りやすいし、
疲れやすい。

だからこそ、朝活、という手段が
有効なんですね。

早起きするには、早寝も必然。
だとしたら、残業や深酒などしている
場合ではありません。

ましてやスマホゲームはSNSで
時間在庫を食いつぶすなんて
ありえない。

そもそも、早起きが習慣になると、
夜、起きていられない(笑)

私みたいに、9時過ぎると、
TVの前でうとうとし始めちゃう、
ってことになるわけです。

すでに「ない」時間が他に取られることはない

朝起きると、本が読めるので、
ワクワクしながら目が覚めます。

その後、走ったり、ジムに行ったりして
身体をたっぷり動かせるので、
一日が気持ちよく活動的に始められる。

その時間は、すでに天引きされて、
他のことには使えなくなっているので、
三日坊主に終わることはないのです。

すでに、ない、時間なので、他の
予定に取って代わることもない。

逆に、仕事大好きな私にとって
一番、難しかったのが、パートナーとの
時間を優先して「天引き」する、
ということでした…。

今は、基本、夜は出かけない。
仕事しない。スマホしない。
本、読まない。

で、一緒にご飯食べてTV見る(笑)。
そんな感じで、ふたりの距離感を
保っています。日曜もそうですね。

去年の今頃、時間の使い方に関連して、
こんな記事を書いていました。

2017年のカレンダーで年間計画を始めよう

2017年、皆さんには手応えある
良い一年でしたか?

今、皆さんの2018年が、大いなる
飛躍の一年になるような、新しい
プログラムを企画中です。

ご興味のある方には、近日中に
お知らせしますね。

(無料メールマガジン「未来通信」より。登録はこちらから

こんな手帳や本もおすすめです!

関連記事