• Evernoteに保存Evernoteに保存

まずはユックリ自然の中で頭と心を休めましょう

東京最後の対面セッションは、鎌倉から来てくださった40代後半の女性。

私が11時にはチェックアウトしないといけなかったので、スタートは8時45分。

通勤時間のど真ん中に当たって、彼女は幸い座れたようですが、でも超満員の人が揺れるたびに迫ってきて不快度100%。

「よく皆さん、毎日やれていますね」

「うん、私ももう無理です」

そう言って、お互いに苦笑い。

私など、車で5分の通勤すら面倒で、自宅開業したわけですからね(笑)。

シングルマザーで、おひとりでお子様を高校まで行かせている頑張り屋さんですが、好きだった仕事が負担になってきて、50という数字も眼前に見え、やや焦りが。

大好きなハワイに住める「自由」はどうやったら手に入るのか?

時間と場所に縛られないで働くために、自分にどんな可能性があるのか。

かつても「ひとり起業」的に働いていたこともあるし、利用できる資格、スキルも実はある。

ただ、雇用されて得られる今のような安定感がなくて、不安だった記憶がよみがえり、気が進まない。

クライアントさんからのご相談あるある大事典、定番トピックスのオンパレードです(笑)。

結局、2時間半近く、いろんな角度からじっくりとお話をしていく中で、最大の「問題」が浮かび上がりました。

「私、疲れ切っちゃってますね…」

頭も、心も、身体も、全部が疲れてしまっていて、そこから逃げることが最優先になっている。

未来へつながる準備、とか、ゆっくりと段階的移行するためのプロセスづくりに入る、とか。

思いつく選択に対して、頭は理解をするのに、心がどうにも動かない。

「もう一気にやめちゃいたい」

「でも怖い。いや、なんとかなる…?」

「いっそパートに出ちゃおうか…」

混乱、混乱、大混乱…。

実は、サーフィンが大好きな彼女。

なのに、ここしばらく海にも入れていないと言います。

そのフレーズが、何度も出てくる。

うーん、そこだ!

お勤め先と相談しているという「時短」プランにまずは移行して、大きな時間のブロックを確保する。

そして、その時間、海に行く。

サーフィンを思う存分、楽しんじゃう。

大学進学の費用のこととか。

年齢のこととか、海外移住とか。

ひとり起業のこととか。

今はまだ考えなくていい。

とにかく、身体をめいいっぱい好きなことに使って、大自然を「五感で」感じて、全身に
エネルギーをチャージする。

人間、やっぱり大地を踏みしめたり、海原に身を任せたり、太陽の光を肌に浴びたりしないと、ダメなんです。

地球の波動から力をもらって、はじめて生命力が生まれるんです。

そんな風に話の方向が向いていったら、彼女の顔が、ゆるく柔らかな笑顔に変わっていきました。

「とにかく話ができて良かったです」

最後にそうおっしゃっていましたが、話すことで、質問を受けることで、ごちゃごちゃな頭や心が整理されていくんですよね。

「自分にはいろんな可能性がある」

少しそんな風にも、感じられるようになったようです。

たった一度のセッションとしては、上出来です。

だから、きっと彼女は大丈夫。

海に出て、無心で波を追いかけて。

もともと持っていた「自分らしさ」を取り戻していくことでしょう。

大人世代の人生後半戦は、妥協なく、常識や人の声に縛られず、思い切りわがままに生きたいですね。

参考 やりたくないことを「やらない選択」ができるのが本当の自由

スポンサーリンク