槇原くん引き寄せました(汗)解決にフォーカスするアメリカならばどう捉えるか

何の因果か、マッキー、引き寄せちゃいましたね(汗)。

まったくもっての偶然でしたが、よりによって、なんで当日なんだ…

先日のメルマガ参照

不安の中に手を突っ込んで正体を見よ

 

覚醒剤、という言い方は、とても怖い響きと字面がありますが、

極悪犯罪人的なニュースの扱いの方が、よっぽど怖いぜ、と感じます。

 

日本でファンクラブに入っているクライアントさんが、

30周年コンサートのチケット、優先で取れるのでご一緒しましょ〜♪

なんて誘ってくれていたのですが、

彼女からの悲痛なメッセンジャーで知らされ、衝撃。

 

ドラッグに関しては、売人ではなく、単に使用しただけ、

の場合だと、日本とアメリカでは、受け止め方が違います。

 

1.極悪な犯罪者扱いはしないこと
2.中毒は病気として「治療」に回すこと
3.再発防止のため心を整えるケアをすること
4.治療が終えたら、社会復帰を奨励し、
  それまでの努力を称賛して暖かく迎えること

 

厳しいとか、甘いとか、というのとは違って、

まあ、あまりにも日常だし、あまりにもケースが多いので、

罰するよりも、治す、癒やす、

そして、リラプス(また中毒に戻ること)させないこと、

そっちの方に注力する感覚です。

 

問題、ではなく、

解決、にフォーカスのスポットライトを当てる感覚。

それって、ポジティブな対処法ですよね。

 

本人負担がなく入れる治療施設もたくさんあります。

そこには必ず、すぐれたカウンセリング・プログラムがあり、

瞑想やヨガを教えたり、グループワークがあったり、

食事の改善を教えたり、自然とふれあうアクティビティがあったり。

心身ともに医療的なサポートを得ながら、

身体の芯から「素の自分に戻る」ことができる場なのです。

 

なんで知ってるのよ、って思うかもしれませんが、

アメリカには、そういう施設を舞台にしたリアリティ場組だって

複数あるし、セレブだけが出てくる番組だってあるのです。

 

もう終わっちゃったシリーズですが、大好きだった「セレブリティ・リハブ」。

皆、人間だし、皆、悩みを抱えているし、痛みや怖れに怯えているのです。

 

薬から、じゃなくて、その根本原因に立ち向かう勇気を持ち、

癒やし、癒やされ、

根雪のような氷を溶かしていくことをしない限り、

表出している「現象」は終わらない。

 

それをまざまざと見せてくれるのですよね。

彼らの苦しむ姿を見れば、

人が無神経に批判していい話じゃないとわかるはずなんです。

 

ほんっとに、それだけ問題が大きいし、

大きいから、もう刑務所なんていっぱいで、こんなことで入れないし、

入ったら、犯罪者同士が仲良くなっていくだけで、意味ないし、

というのは日本もそうで、田代さんもお話されていました。

 

そこで繰り広げられる、人の成長物語が私は大好きで、

なんせ、コーチですからね、闇をさまよう人たちが、

長く孤独な心の旅の果てに、一筋の光を見出していく姿に

共感し、応援し、人の強さというものに、感動を覚えるわけです。

 

単に罰してみたところで、そのことで傷つき、疎外され、

また薬に助けを求めるしかなくなります。

責めて、戒めて、辱めて、尊厳を損ねて、

ずたずたのボロ雑巾のようになる姿を見るまで、

容赦しないメディアとか、本末転倒。

 

人を簡単に裁く人は、

自分が裁かれることを恐れて、手足が縮こまって生きています。

セカンドチャンスを信じ、失敗を恐れず、

暖かく迎える人の存在を疑わず。

チャレンジする人を、無条件に応援する自分でいたいよね。

 

不倫やドラッグや、いろんなスキャンダルに耳を貸さず、

ましてや「加担」などせず、

己の人生に集中せい!

と、自分に言い聞かせたいです。

よっぽど好きな話題なのか、

気づいたら、同じ話題を何度も何度も過去に書いていました(汗)

あなたは人の「セカンドチャンス」を応援できますか?

間違った選択をした人にも、それを正すチャンスがある社会に

セカンドチャンスを許さない社会は救いがない。僕らはどんな社会を創るか選択できる

 

 

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!