こんな大人にはなってはいけない。自分の胸に手を当てて考えてみよう

アメリカ大統領の年に一度の年頭スピーチを、

議会を司る議長という立場の人が、

ビリビリ破ってみせるパフォーマンスに、

主義を一緒にする人たちも、かなり唖然。

 

その感情的な態度が恥ずかしい、というコメントが

党派に関わらず、全方位から聞かれました。

 

日本でも、状況を冷静に見ている方々からは、

「多様性」を旗頭とする左派勢力こそが、
相手の主張や政策にリスペクトを持たない

という言論が出るほど。

 

いや、これ、最近、とみに目立っているんですよね。

怒り、という感情をあらわにしながら、

声高に「正義」を振りかざす人々はやたらと怖く見えるし、

そこには本来あるべき「寛容」の欠片もなければ、

意を異にする人々へのリスペクトもまるでない。

その一方的さ加減は、「暴力的」にすら見えるときもあります。

 

子どもも見ている「アメリカのあり方」を学ぶ場で、

こんな大人になっちゃダメよ、っていう姿を見せられて、

あちこちで、語り草になってしまいました。

もちろん、それを擁護し、称賛する人もいますけどね…。

(注:政治的信条の話をしているのではありません。)

 

かたや日本では、こんな記事を見て、

あー、こんな大人にはなりたくないし、

こんな世界を作りたくないし、

これを日常で見て育つ子どもは

どんな大人になるんだろう、とゲンナリします。

【NHK】看板だらけの公園
禁止ルールが多すぎないか?

 

訴訟が多いと言われるアメリカですが、

公園が、こんな風に看板で埋め尽くされるようなことはありません。

他人種、多文化な割には、そこは

「常識」の範囲で、皆で折り合いつけてくれって感じ?

 

子どもを対象とした犯罪に対しては、

厳しすぎるほどに目を光らせているけれど、

でも、当の子どもたちの、のびのびとした遊びの場を奪って

「禁止事項看板の博物館」にしちゃうのは、本末転倒。

 

何やってんねん、って感じですよね。

私も、自分ファーストでいこう〜とか言ってますが、

それとこれとは、全然、意味が違う。

 

大人を大人として扱えば、看板だらけにはならないのに。

日本は観光地に行っても、無粋な看板が多くて、

景観を守るために「看板禁止法」があるハワイから行くと、

びっくり仰天したものです。

 

どんな社会にいたいのか。

どんな未来に生きたいのか。

それらは、全部、自分たちの手中にあるのに、

今、この瞬間の、目先の感情に溺れて判断を失うと、

見えなくなってしまうのですよね。

 

だから、10年先、20年先、50年先の未来をリアルに想いながら、

「逆算した今」を、先取りして、生きること。

深呼吸して、胸に手を当てて、我に返って。

すべてはうまくいっていると、ただ信じて。

 

すると、見えてくる違う選択があるはずです。

未来の自分ならどうするか?
を基準に今を生きる

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!