私を見つけてくれて、ありがとう。SNS時代に自分発信する人の正直な心の声

フェイスブックを見ていたら、

共通の知人もやたらと多く(数十名レベル)

素敵なプロフィール写真で、投稿拝見したら、魅力的だったので、

ポチッと、つい友達申請。

一応、メッセージは添えておきました。

このときの体験を参考に。

フェイスブックやSNSに「リアル」を求める勘違い

 

そしたら、その方から、やがて承認のお知らせがきて、

こんなメッセージが届いたので、ハッとしました。

「私のことを見つけてくださって、ありがとうございます!」

 

おお、見つけてほしい、と願ってくれていたのですね。

私も、そうだな、と、そこですかさず共感。

でなきゃ、発信なんてしないもんね。

 

知らない人から、リクエスト来ちゃった〜、怖い、気持ち悪い、

なんて反応とか、思いも寄らないどころか、

信じられない。

じゃ、なんでSNSとかやるの〜?と、聞いてみたいです。

 

私が、テキサスの、郊外のとっても静かな場所で、

人とのリアルな触れ合いもさほどなく暮らせているのは、

SNSがあるから、に他ならない。

私、そこまで、「ひとり上手」ではありませんから(笑)。

みゆきさんだって、犬抱えてるし、歌の中では

「ひとりが好きなわけじゃないのよ」とも言っている(笑)。

 

このアルバムとか、多感で孤独な頃に触れたので、

心に染みまくりで、痛かったのを覚えています。

 

私の声が、聞こえますか。

私を見つけてくれて、ありがとう。

 

それらは、いつも自分の心の中にある声だな、と思いました。

今日も、メルマガを開いてご覧くださった皆さんに、心から感謝します。

見つけてくれて、ありがとうございます。