日記を書くと涙が出るのはなぜだろう。感情が解放される書くことの魔力

また少し愛の交換日記プロジェクトの話の続きになりますが、

何人もの人が、こんな言葉をノートに書いてきていて、

自分も、まったく同じ経験をしてるので、

面白いな、と思っているところなんです。

 

「日記を書くときに涙が出るのは、なぜなんだろう?」

 
目が疲れてる?(笑)

ってのは冗談として、

自分では普段意識しない、深い部分が開いたりして、

「ゆるむ」状態になるのでしょうかね。

 

ゆるむと、感情も開く。

そして、なぜか涙が出る。

たいていの場合、それは「嬉しい」涙のようです。

 

アメリカのリアリティ番組でも、よく、

心理的な問題を解決しようとする人に対して、

ジャーナル、という、まあ要は日本でいう日記みたいなことを

やらせるのですよね。

 

思いつくまま、ただ気持ちを書き連ねるだけ。

記録する、でもなく、お題があるわけでもなく、

ただ、思いつくことを、ノートに記していくと、

閉じ込めていたものが、ふわーっと出てきちゃって、

自分で驚くわけです。

口で言えるようになるのは、その先のことだったり。

 

ブログ、とか、スマホのメモ帳とか使ってもいいんだけれど、

でも、やっぱり、紙のノートにペンで書く、という

昔ながらの方法が、感情が開きやすいようですので、

思いついた時、やってみると良いかもしれません。

 

愛の交換日記プロジェクトでは、ちゃんとお題を決めて

その意味もオリエンテーションのセミナービデオで

お伝えしつつ、ナビゲートをしています。

だからこそ、効果も早く出ているようです。

書くことがセラピーになる
自分のためにやってご覧