仕事納めは31日。仕事初めは1月1日。それでも楽しく生きてます

 

仕事納めは31日。仕事初めは1月1日。

そうFacebookで書いている古い知人がいまして、

あ、そういう言い方をするならば、自分もだ、と笑いました(笑)。

つまり、年末年始休暇など、関係ない、ってことですね。

 

昔から、あまり長い休みはほしくないタイプでした。

休むと、リズムが壊れるから、なんだと思います。

毎日、同じ時間に起きて、同じことして、同じ時間に眠ると、

とにかく「楽」なんです。

 

子供の頃の長い夏休みなんて、することなくて、迷惑そのもの。

宿題もっとくれ〜って感じです。

成績が良かった、というわけではないですが(苦笑)

飽き性だし、ボーッとできないんですよね、きっと。

 

セルフケアの観点から言うと、旅なんて最悪(笑)。

いや、マインドにはいいのかもしれないけど、

リズムが壊れまくるし、良質な睡眠は取れないし、

身体はとにかく疲れてむくみまくり。

 

だから、コツコツ、淡々と、同じ毎日を繰り返すのが、

自分の性質には、とっても合っているようで、

だからこそ、性に合わないことは、できないのです。

そういう意味では、器用でもないし、無理もきかない。

 

楽しいからこそ、どこかに楽しみを見いだせるからこそ、

何とかやってられるし、続くのでしょう。

強いとか、ストイックとかいうのとは、根っこが違います。

 

人からやれ、と言われてやるのは、絶対にイヤなのだけれど、

自分が好きで生み出したことなら、何よりも優先して、やれる。

優先したいから、続けたいから、自己管理をちゃんとして、

パツンとならないように、抑制もできる。

そういうのを、ストイック、というのかな?(笑)

でも、そこに「我慢」の入るすきは、全然ないのです。

 

ちなみに、Facebookの友人は、有名なラーメン評論家さんです。

あ、フードジャーナリスト、という言い方が正しいようです。

20年近く前に(驚!)ハワイでお会いして、

コラムなど激安で(あるいは無料で)書いていただいてました。

彼もまた、やっていることが好きだから、ここまで続き、

徹底的に突き詰めてこられたのですよね。

 

昨日ご紹介したおすすめ本リストにもあるのですが、

本田健さんの新刊「本当にやりたかったことを、今すぐはじめよう!」

の一節を末尾にご紹介しておきましょう。

 

私も、「未来創造ダイアリー」プロジェクトに自分も参加しながら、

今こそもっと内観を深め、潜在意識の奥底にへばりついた怖れを手放し、

押し殺してきたワクワクを突き詰めていきたいと思っています。

 

「本当にやりたかったことを、今すぐはじめよう!」あとがきより抜粋

「ずっと忘れていたこと、気になっていたことが、あなたにもあるはずです。

 それが前にも増して、あなたの中で大きくなっていくでしょう。

 あなたが心からやりたかったこと、

 それをやるために生まれてきたようなことが、きっとあるはずです。

 それをぜひ、やってください。」

「本当にやりたかったことを、今すぐはじめよう!」