打たれ強い自分になると生きるのが楽になる

打たれ強い人になるには、

「打たれること」が必要です。

 

でも、打たれ弱い人は、打たれることを徹底的に避けるので、

その機会が生まれない。

なので、いつまで経っても打たれ弱いままで、ビクビク生きしかありません。

 

耐性、って言葉、聞いたことありますよね。

 

ワクチンもそうなんだけど、

少量の毒を身体に盛ることで(言い方、あえて極端にしてます)

身体が、その毒に対する「抗体」ってのを作り出すことを覚えて、

自ら身を守る術を知るわけです。

 

前にウクレレを習ったときに、弦を押さえる指が千切れそうに痛くて痛くて、

でも無理して続けてたら、そこの皮がだんだん固くなって、

強くなって、押さえ方も覚えたのか痛みも全然感じなくなって、

平気で何曲も続けて弾けるようになったんです。

 

あ〜、心も身体も、一緒だよな、って、思います。

 

人間、ちゃんと自分を守る方法、

自分を強くする方法、知ってるんです。

 

怖がって、怖がって、

前に進もうとしない人は、

いつまで経っても抗体が育たず、弱いまま。

 

それを、石橋叩いて渡る賢い私、って勘違いしてると、

始末に負えない。

それ、実は一番、賢くないやり方ですからね。

 

そこに早く気づいた人は、

怖いけど、ザワザワするし、嫌だけど、

でも、バンジージャンプで「えいーっ!!」と飛んでます。

 

一度、飛んだ人には、わかるんです。

飛ぶって、どんなことか。

 

飛んでみて、全然、かすらなくて、空振って、

打ちひしがれて。

でも、「死ななかった」ことにも気づけます。

 

最悪、これか、というのも、わかります。

しばし落ち込んだ後で、こんなことしてる場合じゃないと気づく。

 

 

そして、くじけるものか〜と立ち直って、努力して、改良して、

打って、打って、また打って。

 

すると、世界が少しずつ、自分の味方をしてくれてるかのように

色を変えていったりするんですよね。

 

最初の反応で、諦めなくって良かったって、実感できれば、

次にまた同じことが起きても、すべては

 

「想定内」。

 

免疫できてるから、平気なんです(笑)。

 

その状態を、いろんな場面で作れば、

強い人になれます。

 

経験豊富な人って、それを無意識に、やってるんです。

弱い人は、経験不足なだけ。

 

自分に、抗体を作る機会を与えてあげてないだけ。

 

と、思えば、ほら、やらない理由はないですよね?

 

もう歳が…とか、賢いふりして言い訳してないで、

 

やったんさい。

 

これ、肝に銘じましょう。

人生で勝つのは鈍感力

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!