感受性が強いって自慢じゃない。人生で勝つのは鈍感力

やや昭和の時代の響きがする「感受性が強い」って言葉。

よく聞く割に、それってどういう意味?って聞かれても答えられなかったりする。

そういうの、私の中では「思考停止言葉」として位置づけています。

 

きっと自分はこうに違いない、だから仕方ないんだって型にはめるために便利に使っている言葉。

仕方ないって諦めたら、苦手なこともやらなくて済むしね、って、またいつものそこに結びつきます(笑)。

 

感受性が強い人は、精度が良すぎるアンテナを持っているがために、感情の機微や空気感を読みすぎて生きづらい、というマイナスな文脈で使われますよね。

要はアレルギーと一緒で、単に「過敏」なんです。

 

杉の花粉だって自然界に普通にあって、それ自体は何の問題もないはずなのに、身体が過剰反応を示してしまう。

ピーナッツとか、大豆とか、小麦とかも、甲殻類とかも同じこと。

確かに農薬や品種改良の影響で、昔とは違うものになっているからかもしれないけれど、それにしても、影響がある人と、ない人がいるのは、不思議ですよね。

体質、って決め込んでいるものも、実は「意識」の問題であることもあるのです。

 

NLPのスキルを使うと、実はアレルギーも克服できてしまったりするんですが、先生いわく

「アレルギーという体の反応も、すべて脳でコントロールしているわけだよ。

だから、神経のプログラムに働きかけるNLPは、アレルギーもコントロールできるんだ」

 

で、実際、目の前で、ピーナッツアレルギーの人を治してしまったのです(驚)。

 

病は気から、というけれど、自分を何らかの型にはめてしまうことで、そこからかえって抜け出られなくなることってありますよね。

心の問題もきっとそうなんです。

 

私は感受性が強い人って勝手に思っているけれど、それって、単に心の壁が弱くて、免疫反応が過剰に反応しているだけ。

防御システムが過剰反応すると、怖くて人を避けたり、逆に人を「攻撃」したりもしてしまいます。

弱い人ほど、吠える。傷つきやすい人ほど、人を疑い、言葉尻を捉えて攻撃したりする。

 

誤解が多いのも、過敏さゆえにフィルターが歪んでいるせいです。

 

渡辺淳一さんの「鈍感力」という本を勧められて読んだときは、本当に衝撃でした。

鈍感ってスキルなんだ~と知ったことが、何よりも収穫だったのです。

 

人は過敏状態から、ノーマルを通り越して、図太いくらいに鈍感になれるものなんだ。

そして、そのことによって、こんなにメリットがあるものなんだ。

こんなに楽で、生きやすくなれるものなんだ!

 

それを知ったときの、青天の霹靂的な喜びといったらありませんでした。

12年くらい前のことです。

 

この記事で詳しく説明しています。

今、あらためて「鈍感力」。
自意識過剰な自分を癒やす魔法の力

 

「私、感受性が強くて…」なんて、繊細ぶって、弱い人の振りしてないで、鈍感な人の真似して、お手本として生きるくらいが、実はちょうどいい。

生きるのが、本当に楽になるし、新しいことへの挑戦が軽く感じられるようになります。

人との出会い、人とのふれあいも、心から楽しめるようになります。

 

人との距離感をはかったり、人の言葉の裏を読んだり、空気感を意識したり、そんなの、ムダな努力。

自分が自分に貼ってるレッテルって、他にもいっぱいあると思いますが、ネガティブなレッテルは、未来志向の生き方にはすべて不要。

今すぐ、ゴシゴシと全部タワシではがしてしまいましょう。

 

結局は、ここにつながります。

一生、不幸を背負って生きる人。
絶対に不幸にならない人

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!