結婚はしたほうがいいんです

Facebookで知人が、私も大好きな斎藤一人さんの言葉を紹介していました。

「結婚」に関してなのですが、ちょっとオモシロイので、ここに全文掲載。

一人さん流の落語みたいな「粋」な話として、読んでくださいね。

====
結婚は
したほうがいいんです。

結婚式をしているときが幸せで、
別れたときは倍しあわせ。

そのうえ、
夫婦でいる間に修行になるんですから。

何のための修行かというと、
人は人を変えられないという修行です。

そのことを学ぶために、
相性の悪い人間同士が一緒に合宿するんです。

結婚という修行を乗り越えるには、
まず、
相手に絶対期待しないこと。

それから、
相手を絶対変えようとしないこと。

このふたつしかありません。

結婚はしたほうがいいんです。

斎藤一人
====

笑いの中に、さりげなく真実と、学びを忍び込ませて、

すっと人に暖かさを届ける一人さんらしい言葉で、私はニッコリしました。

 

ただ、その投稿のコメントには、いろいろと違う解釈した方々がコメントされてて、

「この人は幸せな結婚を知らないのね」とかおっしゃっていたりして。

言葉って、やはり背景がわからないところに出ていくと、

誤解はつきものなんだな、とあらためて感じた次第。

 

私も、「人に期待しないこと」を痛い思いをしながら学んできたひとりです。

「他人は変えられない」も、激痛を伴いながら(笑)、潜在意識に落とし込んできた。

コーチングでも、人間関係に悩むクライアントに、盛んに言うのです。

変えられるのは、自分だけなんですよ、と。

 

不思議なことに、自分が変わると、いつしか相手も変わっていったりする。

状況が変化したり、気づくと、その人がいなくなっていったりね。

自分は自分の課題に集中し、

相手のことは、違う感覚、違う生物として、リスペクトして距離を置く。

 

当たり前、と思っている自分に気づき、

その当たり前にスポットライトを当てて「感謝」をする。

すると、自分がまず、楽になります。

 

私もパートナーと出会って、もうすぐ26年になろうとしていて(驚)、

相性は最悪ではなかったし、うまくいっているときの方が多いわけですが、

でもやはり、だからこそ、「違い」を尊重することが大事なのだと学び続けています。

痛みの中で(笑)。

 

犬が後ろで散歩に連れて行けと唸っています。

ここにもまたひとり(一匹)、修行をさせてくれる貴重な存在がいてくれて、

ああ、本当にありがたい、よね(涙)。

見逃した方は、読んでみてくださいね。

「夫婦神話」を捨てると、なぜ幸せになれるのか?