あなたはすでに「持っている」

あれがない、これがない。

これが足りない、あれが足りない。

もっとこうだったら、もっとああだったら。

 

我々は皆、ないものねだり。

欠けてる部分にだけ目が行って、

今あるものへの価値も感謝も、忘れがちです。

 

40代以上のクライアントさんがマジョリティなわけですが、

彼らも、「ないない病」にかかっているケースが多い。

やるべきこと、というのを義務として捉えているから、

やってきたこと、を、成果や収穫として認識できていない。

 

すべてが「できて当たり前」になってしまっていて、

だから、自分には何も特別なものはない、と思ってしまっている…

すると、未来に自信が持てないし、

こんな自分に何ができると言うの?と、途方に暮れていたりもするのです。

 

でも、40代以上ということは、新卒から数えても、

 

キャリア20年超え!

 

そんだけ長いこと働いてきた人が、何もないなんて大ウソです。

 

私は主婦で、子育てしかしてなくて、という人だって、

それ自体が「経験」「体験」なのだから、

そこからの学びがいっぱいあったはず。

 

自分を卑下して、良いことなんか何もない。

やってきたことを棚卸しすると、ちゃんと皆さん何か出てきます。

自分では、価値を認めていないだけで、

実は、ちゃんとある。

生きてるだけで、学びってたくさんあるものなんですよね〜。

 

ただ、もちろん、その学びとやらが、生っぽすぎて、

原材料過ぎて、料理になっていない場合はある。

すると、人にはなかなか美味しそうに見えないし、

自分も、人に出すのは恥ずかしい。

 

自分の中にあるものを思い出して引っ張り出し、

人がほしがる形に切り、色をつけ、匂いをつけ、味をつけ、

思わず手に取りたくなるパッケージに入れる。

すると、ちゃんとした「売り物」に化けていくわけです。

 

あなたはすでに「持っている」。

 

コーチングのプロセスは、それを思い出す儀式です。

あなたには見えないものが、私にはちゃんと見えます。

 

私に見えない私の価値を、クライアントはちゃんと見つけてくれた。

私にできる、せめてもの感謝のお返しは、

あなたの価値を見つけて、形にして、

あなた自身にまず、その輝きを見せてあげること。

 

月は、満ちて、欠けて、一日たりとも同じ形はないわけですが、

どこにどうスポットライトが当たるかで、見え方が変化します。

でも、まあるい月は、いつでもそこにある。

 

私たちも、私たちがすでに持っている存在価値を、

思い出せばいいだけなんですね。

謙虚と卑下との差は紙一重。

ないない病にかかったら、これ読んで自分の価値を見直してください。

謙虚は美徳。
でも自分の価値はきちんと主張しよう