公言したことも、どんどん変えていい。朝令暮改は成功の素

有言実行、初志貫徹。

言い出したことは、最後までしっかりとやり通せ~という教えをさんざん受けてきて、途中で投げ出すとか、方向転換するとか、絶対にありえないこと、として意識に刻まれまくっている方がいます。

 

「一度決めて、それをスタートしたら、もう変えてはいけない」

 

そう思うと、怖くてガッチガチになり、身動きが取れなくなってしまう。

 

前に進みたいのに、何かが邪魔して、まるで、金縛り状態…。

それはそうかもしれないですよね~。

 

未来のことなんて、誰にもわからないのに、それを今、この瞬間に決めて、絶対に変えてはいけないだなんて、そんな決断、怖くてできません。

 

例えばクライアントでも、自分の会社名を決めるのにドッキドキな人がいます。

自分のドメインネーム(ウエブサイトのアドレス)を決めるのも、一大決心が必要そうです。

サービスの値段やら、募集人数やら、起業の瞬間には様々なことを「決めて」発表しないとならないわけですが、一度出したら、もう変えられない!

そう思うだけで、足がすくんじゃいますよね。

 

はい、でも、ここで「大きな勘違い」があるんです。

それは、「変えちゃいけない」というポイント。

 

Oh, no~ 人生なんて、すべてがトライアルの連続なのだから、

どんどん変えていいんです!

 

「え、会社名なんて登録したら、変えられないじゃないですか~。」

いえ、変えられます(笑)。

 

「え~、ドメインだって変えたらアクセスなくなっちゃうじゃないですか~」

大丈夫、最初からアクセスなんて、どうせ集まりません(笑)。

 

「え~、限定2名に特典って言ったのに、それお5名に増やしたら、嘘つきと思われます~」

特典を多くの人に配って、何が悪い?

 

「最初に慌てて申し込んでくれた2名に叱られそうで…」

(笑) 皆、自分のことに忙しいし、そんなの気にしないから大丈夫ですよ。

そもそも、あなたが用意できるものなんて、たいした特典でもないのだから、ばらまいたら良いではないか。

 

なんてことが、日常にいーっぱいあったりするのですよね。

身動きできないでいる人たちの事情をよく聞いてみると、こういう「見えない未来へのいらぬ心配」が無限に出てきます。

縛っているのは、ただ自分だけだったりするのです。

 

「朝令暮改」(ちょうれいぼかい)という言葉があります。

朝、命令を出したのに、夕方になったら、それを変えちゃう、優柔不断でダメなこと、として記憶している方も多いでしょう。

でも、実はそうではないのです。

 

多くの経営者やリーダーたちは、「朝令暮改」を奨励しているどころか、それを自分に課していたりするくらいなんです。

常に早いタイミングで軌道修正を図っていかないと、後になったらもう取り返しがつかないことになりがち。

だから、常に現状を把握し、分析し、変えるべきことがあれば、どんどん変えていく。

 

変化こそが、サバイバルの最大の武器。

 

それを「ダメなこと」とインプットしてしまうから、ズルズルと無駄なことを続けて泥沼にはまっていくわけです。

 

合わねーなーと思えば、やめればいい。

なんかしっくり来ない、と思えば、変えればいい。

朝令暮改は、大歓迎。

やって当たり前の「改善」なのですからね。

 

と考えれば、何かを始めるのも、「テスト」「トライアル」と気軽に考えられて、スッと足を踏み出しやすくなります。

 

人生、死ぬまでベータ版。(by 上野)

 

ベータ版って、ソフトウエアとかで、試験的に導入して、皆で使いながら不具合を見つけていくための「たたき台」のこと。

最近はでも、iPhoneとかでもわかるでしょうけれど、常にソフトはアップデートを続けて、永遠に完成することはありませんよね。

 

自分で自分を勝手に縛り付けていないで、「あら、ごめんなさーい」くらいに軽い感じで、スルッと不敵に変えちゃえばいいのです。

やっぱやーめた、って言っても大丈夫なんです。

 

大事なのは、「始めること」。

でないと、一生、いいのか悪いのかすらわかりませんからね~。

 

こんな記事も参考に。

「走りながら考える」をモットーに
準備ばっかりしてても、どこにも着きはしないから

 

 

 

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!