Tag Archives for " 9日間断食 "

千日間48キロの山道を登って降りて千日回峰行の修行を完遂した住職のハワイ講演会(その2)

塩沼亮潤執らわれない心  日本人の生き方の原点に立ち返れ!

この記事の前編「9日間、寝ない、食べない、飲まない、横にならない。過酷な千日回峰行に耐えた住職のハワイ講演会に参加(その1)」では、塩沼住職が行ったふたつめの厳しい修行「四無行」について書いたのですが、その前の千日回峰行が何と言っても、凄まじいものなのです。

吉野・金峯山寺を拠点として、吉野山の頂上まで48キロを毎日、16時間かけて往復。道すらない山だし、一歩間違えば崖を転落。そして熊やイノシシに加え、マムシまで出てくる危険性もある。

そして熱が出ても、下痢しても、1日たりとも休むことは許されないのです。休んだら、そこで切腹。死を覚悟して望む4カ月(120日) X 9年の長い長い修行です。

Continue reading

9日間「寝ない、食べない、飲まない、横にならない」過酷な千日回峰行に耐えた住職のハワイ講演会(その1)

塩沼大阿闍梨(写真提供: ホノルル協会 Hiroko Dewitz)

 人間は、10日間、水も飲まず、何も食べず、寝ず、横にもならない生活を続けたら、死んでしまうのだそうです。成人の身体の60%は水分と言います。水さえ飲んでいれば、相当な期間、生きられると聞きますが、逆に一滴も飲まなかったらどうなるのか。

2014年12月13日(土)、ホノルルマラソンの前日、東海大学ホノルル校の講堂で、塩沼亮潤・大阿闍梨(あじゃり)の講演会が開催されました。ホノルル在住の日本人をはじめとする200人が集まる大きな講演会となりました。

Continue reading