その「違和感」こそ「進め」のサイン

緊急ソロライブ、127名が登録くださって、

実際のライブ参加は50名。

でも、特別に、再視聴なんかもサービスしてて、

お知らせした新プログラムは、本日限りのお申込み。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました〜!

とっても楽しかったです。

最近は、ZOOMの新しい機能を使いながら、

スライドに自分がかぶさって、存在感をアピールしています(笑)。

↓ ↓ ↓

テクノロジーの進化は著しくて、バージョンアップが

しょっちゅう行われています。

人間も、くっついていかんとね。

 


セミナー中にもお話したのですが、

よく、自分の直感に従いなさい、とか言いますよね。

それ、とても大事なんです。

自分らしく生きる、というときに、直感を信じて、

迷わず行動するって、とっても大事。

だけど、それは、日頃からずっと直感を信じて、

それに従って生きてきた人の話。

私たちの多くは、そんなこと、してないのです。

親の言うこと、学校が教えること、社会が良しとすること、

それらを下敷きとしたレールの上を、

ただ、疑問を持たずに歩いていくのが、

正しい人生、とされてきました。

だから、直感なんて、押し殺してる。

そんなことを言おうもんなら、

従って、人と違うことをしようものなら、

後ろ指さされ組になっちゃいますよね。

それに、あなたのステージが変わるときというのは、

もう、ザワザワこそが、スタンダードになるはずです。

だって、「今までと違う世界」に行きたくて、

階段上って、息切らして、視界を変えようとするのだから、

違和感こそが、日常なはず。

アメリカ人の成功者は、成功したいと願う人に向けて、

必ず、この言葉を使います。

コンフォートゾーンを抜け出よ。
Get out of your comfort zone

居心地の良い場所を、抜け出る。

次のステージに行く過渡期には、

ザワザワすること、違和感感じることが、

いーーっぱいなわけです。

でも、だからこそ、行く。

違和感こそが、

進め!の合図。

違和感も感じないでできることなんて、

今のステージで、死ぬほどやってきたことなんです。

それが上手に楽にできるのは、当たり前。

早く、次のステージに行くためには、

できないことをやる。

わからないことに挑戦する。

知らない人と会う。

恐れ多い人たちと交わる。

高いと思うものを、買ってみる。

そういうことが、絶対に必要なんですよね。

自分の凝り固まった枠を、ぐんぐん広げていきましょう。

そして、違和感が、徐々に薄れて、また慣れてきたら、

新しい違和感を求めて、ハードルをどんどん上げていきましょう。

気づいたら、「へ〜、こんな高い場所まで上がってた」

そんな日がきっと来るのだから。

毎朝7時のライブでお会いしましょう♪

https://www.facebook.com/groups/jsklive