中高年、踏んだり蹴ったり。チャートは語る

 

暗い話は聞き飽きたから、

楽しい話を読みたいですよね。

と思いつつ、犬の散歩から帰って、机に座ったら、

さっき届いた日経新聞のメルマガ最上部に、

こんな言葉が踊ってるのが目に飛び込んできました。

 

賃下げ圧力、中高年に集中
スキル習得が経済活性のカギ

 

いかん、吸い寄せられてしまう(笑)。

 

どうやら、この18年で給与が10万円くらい下がってるらしい。

 

あ、55歳の話です。

でもね、トップ層は、ほとんど下がってなくて、3%くらいとか。

そもそも安い給料の人が、もっと下がったってこと(痛)。

 

だからさ、いくらでも替えがきく、と思われちゃうと、

どんどん叩かれるってことですよね。

「ふーん、嫌なら、辞めてもいいよ〜」

って言われるのがオチだから、逆らうこともできない。

 

で、日経新聞さんは、

「スキル習得が経済活性のカギ」とか言うのですが、

その言葉の意味がわかんない(笑)。

 

だって、経済活性化のニュースじゃないし、

中高年、サバイバルの話よね?

 

え、違うの?

 

それに、どんなスキルを学べばいいの?と読んでも、

どっこにも書いてね〜

 

と思ったら、冒頭に、こんな一文がありました。

 

「若年労働力を確保するのが難しい中、
 スキル習得などによって
 中高年の生産性をいかに高めるかが
 経済活性化のカギになる。」

 

お、お荷物やん…(号泣)。

 

使えねーオジちゃんたちを、

なんとか新人程度に使えるようにしないと、

経済は細る一方…?

 

そんなに言われても、まだあと10年、

しっかりしがみつくんでしょうかね。

あー、嫌だ嫌だ。

 

NTTデータさんの例が載っているのですが、

スキルとは、結局、クラウドとか使えるようにしよう〜

とか、そんなレベルのことのようなんですが…

お、おい…、大丈夫か…

 

やばい、ちっとも明るい話じゃなかったね(笑)。

 

笑おう、笑おう。

ほら、ハワイでも、トイレットペーパー買い占めてるってよ(笑)。