ベイビーステップを踏み出すのはいつなの?「言うだけで始めない人」を卒業せよ

コーチングのセッションをしていて、一番困るのは、

「言うだけで、始めない人」をどうするか、ということです。

 

それはまた、自分にもブーメランで戻ってきて、

指カットみたいに痛いのですが(笑)、

夢を語る、希望を語る、妄想を語るのは、

とっても楽しい「行事」だったりします。

が、語っているだけでは、実現はしない。

 

いつか、やろう。

の、いつかは、決して向こうからやってきてはくれなくて、

自分が決めて、「エイ!」と、最初の一歩を踏み出すしかありません。

 

いつか=5日以内にやらないことは、

一生やらないわよね、と言うのは、

ハワイの友人で事業家でコンサルのこの方。

ほんとだよね、と、これまた自分にあてはめて、思う。

 

メモして終わってること、いっぱいある。

ときにそのメモを引っ張り出して、さて、

「これを始めるには、どうしたら?」を考える。

大きなことも、常に

はじめの一歩

があるのです。

 

それは、案外、小さなものだったりする。

NLPの専門用語で、チャンクダウン、という言い方がありますが、

大きなものを、噛砕いて、小さくしていくこと。

 

計画についても、まったく同じことが言えます。

1億稼ぎたい、という方も、

ハワイに移住したい、という方も、

講演家になりたい、という方も、

小さな一歩=ベイビーステップ

が必ずあるので、それを見つけることが先決。

 

ベイビーステップを10個、積み重ねれば、

今とは絶対に違う景色が見えてきます。

 

でも、それをやることの弊害は、

「あ、意外とたいへんそうかも」と気づいてしまうこと(笑)。

あなたはそれを知っているからこそ、

足を踏み出すのが怖いわけです。

 

夢は夢のままで、そっとしておけば、

誰も傷つかなくて済む。

自分にがっかりしないで、済む。

 

人は、そうやって、夢を実現することを諦めていくのでしょう。

先延ばししたまま歳とって、

どうせ自分なんか、と拗ねながら、

私は今のままで十分に幸せだし、と、

自分を納得させていくのでしょう。

 

いや、今のままで幸せなのと、夢に向けて努力することとは、

両立するけどね

という言葉には、耳を貸さない(笑)。

 

2020年、時代は令和になりました。

オリンピックもあることだし、

チャレンジしまくっている人たちをただ画面で見てないで、

自分もチャレンジする側に回ってみませんか?

毎日がなんだか刺激がなくて退屈?
それはチャレンジが足りないから