Me Timeが必要なのは女だけじゃない

昨日は、家族のため、を優先しがちで、

なかなか自分がリラックスしたり、

好きなことに没頭したりすることに時間を避けない

お母さんのことを書きました。

 

でも、これ、実はお父さんだって、同じだったりするんですよね。

アメリカでは、家を建てる時や、改築する時に、

お父さん部屋を作ることが、ひとつのテーマになったりするんです。

それはときに地下室だったり、屋根裏部屋だったり。

 

その部屋のことを、Man Cave(マンケイブ=男の洞窟)と呼ぶのですが、

誰にも邪魔されない、という閉じこもり感覚が大事みたいです。

日頃から、外で人と働き、社交し、人のノイズの中で暮らしているから、

ヒキコモリになりたいのですよね、皆(笑)。

 

男は、少年に戻りたい。

好きなだけ、ゲームをやりたい。

本を読みたい、映画を見たい、スポーツ中継に熱中したい。

 

そこに、女子供(失礼)を入れたくない、という意識。

クリックすると、すごい凝った部屋の数々が見れます。

Man Caveの実例

 

家族時間はちゃんと持つから、頼むから、

少年に還れる、ひとりの時間もください、ということで、

その部屋の存在があるのです。

 

奥さま方は割と勘違いしがちで、でかけても早く帰らなきゃ、

って焦ったりして、真逆の行動をしがちです。

家をあけることに、無用な罪悪感、勝手に抱えているのですよね。

 

ホーム・アローンの映画とか、思い出すとよろしいです。

家にひとりきりで嬉しそうな男の子。

あれが、旦那の基本形。

 

もちろん個人差ありますし、男女が逆パターンっていうのもあるし、

男女揃って、そういう部屋がほしい、

という組み合わせだってあるでしょう。

 

うちも、割とそんな感じで、互いの入らない、

干渉しない部屋を持っています。

私の場合は、単なる書斎、仕事部屋ですが、

そこに居心地良いソファや小型のテレビは置いてあるし、

好きな読書や映画三昧、じゃまされずにできる、はず。

 

ま、そんな自由な時間を気楽に楽しめる自分になることが、

今、目の前のテーマかな、と…(涙)。

今年はそのために、いろいろ捨てて、

いろいろ身につけて、自分改革に励みます。