親の不幸は家族親類を結びつけるきっかけ

年末にクライアントの親御さんが急逝したり、

年をまたいで親の介護にいそしむ方の暮らしぶりをうかがったり。

時期に関係なく、人っは病いに伏し、命を落としたりするものですね。

 

思わず、2015年の夏に亡くなった父のことを思い出しますが、

そういえば、19日は彼の誕生日でした。

生きていたら、86歳の様子。

ってことは、ひとつ年下の母親は、来月で85歳だ〜、と

ググっていて知りました。

昭和から年齢を計算するのは、なかなか難しく(苦笑)。

 

父の通夜には、近所に住む母親の兄弟姉妹が集い、

彼らの息子や娘や、そのまた息子や娘が来てくれて、

家族葬、という割にはにぎやかな通夜となりました。

 

「こういうときに子供にも見せておかなきゃ」

という声も聞かれました。

昔は、お爺ちゃん、お婆ちゃんが家で亡くなったり、

結構、身近に死やお葬式はあったのかもしれません。

 

でも今は、寿命も伸び、別々に住む核家族化も進み、

お葬式を見ることも、参列することも、なかなかなかったり。

参列している自分も70代、80代だったりするし、

こりゃ、良い機会だから(うちの父の葬儀ですが・苦笑)

子どもらに、どんなものか、ちゃんと見せておかなきゃ。

 

そんな感じで、いとこやいとこの子どもたちも

無理やりのように、連れてこられていましたね。

 

もう20年も30年も会ってなかった人たちばかりで、

昔はよくお祭りで集まったものですが、

核となった方が亡くなったりすると、そんな風習すらも遠のいて、

会うのは誰かの葬式でだけ、みたいなことになるようです。

 

それはそれで、故人も喜んでくれるに違いない、と私は思いました。

人の死が、こうやってまた人と人とを引き合わせて、

関係性をリフレッシュし、再開させてくれたりもする。

家族や親類たちが結びつくきっかけを作ってくれる。

友の突然の死のときもそうだったけれど、

父のときもまた、そう感じました。

 

実は私は、なんだか大家族の輪の中で育っていたのですが、

そのことの温かさや、とても可愛がってもらった子供時代を、

鮮明に思い出させてくれました。

 

これは2014年夏の記事。

両親ともに9人家族! 
似合わないが実は大家族の一員だった!

これから2カ月くらいして、

父も手遅れの胃がんと診断されたのでした。