病気と罪悪感の切ない関係。冬はなぜ太りやすいのか?

この時期、風邪をひいたり、インフルエンザにかかったり、

冷えで体調不良を起こしたり、ということはあると思います。

あります、よね?

それ、しょうがないですよね?

なった自分を責めてみても、何も解決しない。

 

あのとき、こうしたから、ああしたから、と記憶をたどって後悔し、

そんな自分を戒めようとし、体力ないとか、

自分を責めたところで、意味がない。

そもそも、体力と病気は関係なかったりもしますしね。

 

でも、結構、多くの方が、知らずにやってしまっていることかもしれません。

穴をあけた仕事のこともあるでしょう。

家事を代わってくれた家族への気遣いもあるでしょう。

でも、それを必要以上に「迷惑かけた」と思わなくても、いいですよね。

 

きっとあなたも、他の人が具合悪い時に、

ちゃんとカバーしてきたのだし、これからもするのだし。

持ちつ持たれつを、逆側から学んで受け入れるレッスンでもある。

 

病気はときに意味があって起こるものでもある、と言います。

リバースエイジングプロジェクトでもお伝えしますが、

かつての自分改革時に読んだ大量の本の中で、

そんなことを教えてくれたものが、日米ともにいっぱいありました。

 

熱が出て、汗をかくまでは苦しいけれど、

猛烈に汗をかいて、寝て、汗かいて、寝て…を繰り返したあとで、

完全に熱が引いたときの、あの

 

快感!

 

ああ〜、なんか悪いものが全部できったかも、

と思うほどに、節々の痛みや、慢性的なコリや、

ボーッとした頭がクリアになっていたりしませんか。

 

そのデトックス効果を信じるようになってからは、

熱冷まし、というのを、あえて飲まないようになりました。

ま、少しは休めや、と言われているのでしょうしね。

天からいただいた、強制終了。

ありがたく受け取りましょう。

 

冬はついつい身体が縮こまり、運動量も減る時期。

風邪を恐れて、守りにばかり気を配るのではなく、

抵抗力が強く、回復力あるカラダを作るためのヒントを、

パーソナルトレーナーの友人が書いていました。

ぜひ参考に〜

歩き方ひと工夫で冬に落ちる運動量を大きくカバー

メルマガ購読も、必須ですよ〜