鬼コーチ「もっと傷つけ、もっと泣け」優しいからこそ厳しくなれるのだ

SNSのコメントで、自分も整理できないままに書き込みしたら、

「何、言ってるのかわからない」とイラッとしたやり取りがあり、

ちょっと嫌な思いをした…と嘆く女性。

それに対して、私は、こんなことを書きました。

 

「私は、SNSは流れていくものなので、基本、適当にやってますよ(笑)。

 何言ってるかわからないなんて、わざわざ書かなくてもいいのにね(笑)。

 わかんないあんたがおかしい、という風に、切れてみればいいかも(笑)。

 常に自分の方がダメ、と思わない思考も大事です」

 

SNSとのつきあい方は昔よりましになってはいますが、

うまく使いこなすのはまだまだ難しいですね、という彼女。

私は、こう続けました。

ちなみに、FBメッセンジャーのチャットでのことです。

 

「これもまた数撃ちゃ慣れるなので、免疫はやらないとできないですから、

 引っ込まないで、逆に出ていく、といいと思います。

 もっと傷つけ、もっと泣け。

 そうすることで、耐性はできますから」

 

彼女は、たぶん少しびっくりしたと思います(笑)。

自分でも、チャットなので、とっさに浮かんだ言葉を送っただけですが、

ときに筆が滑ることがあり(いや、多々あり)後悔することも(涙

 

でも、彼女は、

厳しいお言葉ですね。

でも、勇気が出ます!

と、正面から受け止めてくれました。

 

最後に、私はこう結びました。

「ヨガとかとも一緒です。

 最初は身体も固くてポーズができない。

 でも、だんだん、できるようになる。

 心も一緒ですからね〜」

 

ヨガをたしなむ彼女には響きやすい例えだったのか、

最初からうまくできないし、できなくていいですから、

と、ストン、と納得いただいた感じがあったので、

鬼コーチもホッとしました(笑)。

 

涙も、汗も〜、若いファイトで〜♪

思わず流れる、アタックNo.1の歌(笑)。

 

いやいや、優しいからこそ、厳しくなれる。

それを、勇気を持って示している毎日なのでございます。

私の継続コーチングやプロジェクトは、基本

日々の無料メール・チャットサポートつき。

こんな対話を、毎日、毎日、やっています。

怖いようで、優しいようで、厳しいようで…どっちだろ(笑)

コーチは怖い人? 昭和スポ根ドラマの見過ぎです(笑)