疲れたら、休もう。疲れてないなら、がんばろう(笑)

一週間を振り返ってみると、

本当に長い時間、ずっとずっと家にいて、

だから、セッションなどで他の人の暮らしを聞くと、

それだけで疲れがドッと移ってしまいます(笑)。

よく、そんな暮らしを何年も続けられるものだなあ…

という方も、ものすごくたくさんいる。

 

「身体が辛いので、もう辞めます!」

そうやって、自分で区切り決めて辞めた方々も多くて、

このままじゃ、やべーな、って感じたのでしょうね。

 

でも、なまじ体力があって、気力もあって、

ちょっとしたことでガス抜きするコツを知っていて、

という方は、割と、家に着いたら11時、的な生活してても、

平気だったりするようです。

 

ま、それで壊れないんだから、きっと人それぞれに

リミットっていうのは違ってて、

他人と比べるような話じゃないのかもしれないですよね。

 

自分も、世の中の常識では、

「それはいかん」と言われていることもしているし、

でも、まあ、とりあえず元気でやってるし。

 

ただ、自分の身体のサインに気づけなくなると、

ちょっと危ない。

あ、なんか疲れてるな、普通じゃないな、と思ったら、

潔く休みましょうね。

 

キャリアアップのため、仕事の実力をつけるため、

プロジェクトを成功に導くため、家族を幸せにするため…

なんて具合に、「なにか」や「誰か」のために、じゃなくて、

自分のために、何がベストかを、まずは考えよ。

 

私も今年、自分に課していることのひとつに、

「ちゃんと休む」をあげています。

なので、今日は火曜日だけど、昼寝します(宣言)。

でも、それ、結構、勇気や度胸がいることなんですよ。

私にとってはね。

 

こんな記事、自分に今一度、読ませたいわ(笑)。

自分を壊さずに時間を作る方法