運命色と年秘色を味方につけて運気を上げる。2020年私のテーマは「青い珊瑚礁」

昨冬に買ったお気に入りのブルックスブラザーズのコットンセーター。

一度クリックしたら、どのウエブサイトを見ても追いかけてきて(笑)、

しまいに根負けして自分にプレゼントしました。

 

でも、あまりにお気に入りすぎたせいで、大切にしまいこんで、

全然、着なかったんですよね。

それじゃあもったいないだろう〜と、

新しい服を買おうとしている自分の欲望を押さえ、

犬の散歩に着ていったら、ご近所さんが声かけてくれました。

「まあ、そのセーターの色、今日の空とマッチしてきれいね〜」

 

アメリカ人さんったら、本当に人を褒めるの、上手すぎです。

へ〜、そっかな〜、とウキウキしながら自撮り棒を引っ張り出して

庭で撮影したのが上の写真です。

 

翌日、Facebookにこの写真を上げたところ、

カラー心理学のスペシャリストである友人が、

「上野さんの運命色はブルーなんですよ〜」

と教えてくれました。

 

その後、ご丁寧に分厚い小冊子まで送ってくれたのですが、

それを見ると、確かにその通り。

実際、クローゼットが、まるでこのセーターのように、

水色から群青色までのきれいなグラデーションになっているのも、

意味があることなのかもしれないなあ、と納得です。

 

先生は、さらにこうも教えてくれました。

「上野さんの2020年の年秘色は、コーラルピンクです」

そもそも持ってる運気を「底上げしてくれる」色だと聞いて、

ゾゾゾっと鳥肌がたちました。

だって、ほら、この枠線…

 

 

ふだんは絶対、選ばないよな〜、こんな色。

って思いながら、ふと自分自身を見てみると… 

 

わお〜、コーラルピンクやん〜!

無意識に選んだ色が、実は開運と結びついているのだとしたら、

俺って、天才?

って勘違いしそうです(結果出してから言おう・笑)。

青と珊瑚礁カラーかあ…

という連想ゲームで、頭の中は今、♪松田聖子♪です。

 

で、先生の小冊子によると、私の今年のキーワードは、なんと!




開花!

 

西洋占星術でも、カラー心理学でも、同じようなこと言われる…。

 

耕し疲れたし、肥料も腐るほどあげてきたんだから、

そろそろ花咲かそうぜ〜って、時期なのかな。

期待した分、できなかったときの傷心は大きそうだけれど、

考えまい、考えまい。

調子に乗って、勢いに乗って、向かい風にも乗っかって、

好きなことを何でもやってみようと思っています。

 

こういう風に、なんでもかんでも、

自分を高く持ち上げてくれる上昇気流として使えばいいですよね。

数と色。

これもまた、面白いものだなあ〜と、入門者として楽しませていただいてますが、

44ページもあるこのすごい小冊子、15日まで無料で配布中だそうです。

9日までに請求された方には、特典もあるようですので、今すぐどうぞ。

 

詳しくはこちらから〜

『17000人診断の色彩心理スペシャリスト直伝!
 2つの誕生数だけで!運とツキを底上げ↑↑
 2020年アナタの【運命色と開運色】診断』
 


 

ダウンロードはコチラから▼
https://venuspreneurs.com/MG26