雑誌に紹介していただきました。テキサス移住体験談。愛犬と共に(笑)

週末、クライアントが遊びに来たときに、

行ったことがないと言うので、韓国スーパーにご案内したのですが、

そこで、なんとハワイ〜ロサンゼルスと

同じ時期に、同じ経路で移ってきた知人とばったり。

「え〜、僕も昨年秋に引っ越してきたんです〜」って、

ここでもまた、ものすごい偶然で、互いに驚きました。

 

なぜか不思議と、ハワイ〜ロサンゼルス〜ダラス、という方が

何人もいるのですよ(笑)。

なんでなんでしょう。

 

で、さぞかし私同様、こちらの生活を楽しんでいるかと思ったら、

「いやあ、僕はロサンゼルスの方が全然、良かったです〜」と寂しそう。

あ、そうなんだ。

 

私の周囲で、そのようなトーンを聞くことがまるでないので、

逆に新鮮でしたが、彼はやはり都会の空気感やら、海やら、

温暖な気候やら、日本食やらが恋しいようなんです。

 

暮らしに何を望むかは、本当に人それぞれですからね。

クオリティ・オブ・ライフって、一言で言うけれど、

何がその人にとってのクオリティかってことの

価値感、基準値が、そもそも全然、異なるわけで。

 

 

というところで、タイミング良く、秋に取材していただいていた

全米大人気日本語生活誌「ライトハウス」の最新号が配布されています。

 

だいぶ前のことで、しかも短期間ではありましたが、

社長+編集局長などを務めさせていただいた会社からの取材。

嬉しゅうございました。

取材してくれたのは、私が社長当時に入社したシアトル在住の優秀なスタッフ。

とりあえずはロサンゼルス版だけに出ていますが、

そのうち、シアトル版やらサンディエゴ版にも出るのかもしれません。

 

特集タイトルは、

「移住者急増中 今、気になるダラス・リアルライフ」

うーん、気になりますね〜(笑)。

 

アメリカ在住の人たちも、皆、不思議に思っているわけです。

「なぜ、ダラスがそんなに人気なの?」と。

なぜ、ロサンゼルスを離れて大丈夫なの?

いったい、何がそこにあるの??

 

リンクをクリックすると、電子版がご覧いただけます。

私は、16ページに大きく取り上げていただいています。

即、そこへ飛びたい方は、こちらをクリック。

 

いち早くご覧になった方がFacebookでコメントしてくれてました。

「いつも登場する可愛いワンチャンも写ってますね」

で、不意に気がついたのです。

で、こんなコメントをお返ししました。

 

「この子と出会うために移住したのだと運命を感じています(笑)」

 

半分、冗談っぽく言ってるけど、ゾクゾクっとしちゃうのですが、

これもまた、すべては仕組まれた脚本通りなのだろうなあ、と思うのですよね。

偶然なんて、あるんかい?と。

 

 

先日、キッザニアの全米進出第一号が、この街にできました。

それだけ、子どもが多い。

それだけ、人口が伸びている。

それだけ、経済的にも、潤っていて、

成長の可能性大、ということなんでしょう。

 

よろしかたったら、ぜひご覧になってみてください。

あ〜、だからなんだ〜、というのが納得いただけるかと思います。