英語は話せないけど読み書きできるは本当か? アンケート募集中

12月開講の「イングリッシュカウボーイ」。

スタンダードコース、アドバンスコースがすでに始まり、

明日からプライベートコースのレッスンもスタートします。

ここから8週間(=年末年始1週間おやすみ)みっちりと、

英語漬けになって、それぞれのレベルで、

それぞれの夢見るステージを目指して、頑張っていただきます。

 

で、今は、1月中旬開講予定の、英作文コースのプログラム作りのために、

いろいろと頭を捻っっている最中なんです。

 

日本の方と話をすると、よく

「話すのは苦手だけど、読み書きは日本人、得意だから」

とか言ったりするのですが、それ、たぶん、

ウソだから(苦笑)。

 

話すのは、勢いと態度と慣れでなんとでもなっちゃうところがありますが、

書くのは、実は、

ごまかしがきかない、のです。

 

アメリカ人とか、とくによーく喋りますよね〜(笑)。

だから、しゃべってなんぼ、の世界かと思いがちだけれど、

いやあ、実は実は、皆、子どもの頃から書き方教育が行き届いていて、

教育レベルの高い人ほど、

書く能力も優れまくっているのです。

 

そうじゃないと、学校でも上に行けないし、良い大学には入れない。

良い大学、良い大学院、良い仕事、

すべてに、キレッキレのライティング能力がついて回ります。

 

そもそも、ほら、今って、メールとかプレゼン資料とか論文とか、

SNSの発信にしても、チャットでもメッセンジャーでも、

「書く」コミュニケーションが主流ではないですか。

電話なんて、しないでしょ。

 

日本語の書く力と、英語の書く力は、

なんとなくちゃんと連動している気がします。

書く能力がある人は(あるいは、ある種の才能の欠片を与えられた人は)

文章の構造、みたいなものが、さっと読み取れたりするのです。

 

料理の才能のある人が、味の秘密がわかるように、

建築のプロが、構造や材質を言い当てられるように、

文法の教科書とか読まなくても、文章を読み込めば、

なんとなく「モノマネ」ができちゃうもののようでもある。

 

私も、早くから、英語を書くのが得意と言えるようになり、

大学院でも、レポートや論文は、常にAかA+(自慢ぽくてすみません)。

仕事でも、書けることを武器にして、サバイバルしてきた感ありありです。

 

でも、だからこそ、人の英文見て直してあげるのはできるんだけど、

「できない理由」がよくわからなかったりもするのです。

すごーく嫌味なことを言っているのは承知です(汗

だから、今、英作文に関する悩み調査を一生懸命、しているところ。

 

私、全然、関係なーいって方は、スルーしてください。

 

今、あるいは未来に必要なんだけど、

「実は英語を書くのが苦手」

「実は、英作文で悩んでる」

そんな方がいたら、こちらのアンケートにお答えくださると、

とーっても助かります。

英作文の悩みアンケート

 

お答えいただいた方には、もれなく

1月中旬開講の、英作文コースのご案内を優先にさせていただきつつ、

特別ディスカウント15%を差し上げます。

 

私、自ら、毎週の課題を赤字添削しちゃう予定。

だって、それ以外に、個人差あるライティング能力を向上させていく方法が

わかりません。

というか、きっと、ありません

 

それゆえに、人数をたくさん受けるわけにもいかないプログラム、

ということになりますね。

それゆえに、ちょっとお高いものになるのかな(笑)?

ま、それも含めて、試行錯誤中です。

ぜひ、私、これに当てはまるかも、という方は、こちらから!

英作文の悩みアンケート

(感謝、感謝でございます)