先に出せる人にだけ、ほしいものがやってくる。ペイイットフォワードの法則

本日、アメリカは12月3日。

どうやら「一粒万倍日」というのと「大安」が重なる

素晴らしい日らしいじゃないですか〜。

ということで、さりげなくメルマガのヘッダーを変えてみました。

 

(来年から、この商号でいろいろ活動していくつもりです。)

 

今日が何の日かなど、ほとんど気にする余裕がない私ですが(汗)

Facebook見てたら、いろんな方がお参りしたり、

特別なことをしたりで、鈍いアンテナがやっとキャッチした感じ(笑)。

 

一粒の籾(もみ)が、何万倍にも実ることを象徴し、

新しいことを始めるには、最も適した日だということです。

 

あなたの手元にある、ひと粒の籾。

それに相応するのは、何だろう?

それを後生大事に抱えてないで、無駄なことに使ってしまわないで、

やがて「何万倍」にも実り、収穫をもたらしてくれることに使いたい。

 

1年前のある日、そんな思いで、手持ちのお金をドンと私に預けたアラフォー女性が、

先日のセッション前に、レポートでこんなことを書いてくれていました。

それは、一年前に、思い切って飛び込んだ自分への、感謝の言葉です。

 


(クライアントの月例レポートより抜粋。また無断で・苦笑)

 

 一年弱、頑張った自分への感謝

理想の会社に入社できた☆と思ったのもつかの間、

同僚の話す日本語も分からず、

独自の内カルチャーもちんぷんかんぷんで、

自分のキャリアも積めず、

日々行き当たりばったりで振られる仕事に振り回され、

全く未来に希望が見出せなくて、

どうしようどうしようどうしよう、、、

と途方にくれていた時期から約1年。

 

まだまだ慣れないながらも、

自分の得たい経験や成長の機会を与えてくれる今の会社に巡り会えて、

こうして働くことができている今。

現状を変えたいと思って、

少しずつでも前を向いて進んでいれば、

ちゃんと結果は付いてきてくれるんだなと、

ふと去年の日記を読んでいて思いました。

上野さんにえいや!って連絡してくれた自分、

その後の、

いつもの私では考えられない行動力を起こしてくれた私に

拍手〜

 

上野さんと出会っていなかったら

今頃どんな未来だったのかなと思うとちょっと怖いです、、笑

 


 

彼女の場合、生活習慣の改善を徹底して、

早起きになったり、一日二食になったり、無駄なつきあいを減らしたり。

その分、読書を増やし、英語を学び、体調を整え、未来に備えまくりました。

で、見事にこの秋、望み通りの会社に転職。

フランス系なので、なんと年間で1ヶ月も有給があるのだそうです!

うーむ、アメリカ人は実は働き者だからね〜、さすがに欧州人は違うわ〜。

 

生活改善の副産物は、他にもありました。

それは、なんと、無理のない、自然な節約。

月に10万円くらい、今までよりも使わずに済んじゃったらしいんです。

だから、1年を待たずして、

「私、上野さんにお支払いした以上のお金を、もう作れちゃったんです!」

そんな風に秋頃、言ってたんですよね。

 

しかも、その後さらに転職で待遇は上がったし、今後も上がってくし。

次の転職も、きっと良い条件で行ける位置に自分を置き直せたのは、大きな収穫。

高齢の両親をサポートするため実家暮らしに戻って、また節約できちゃってるし(笑)。

なんだか、良い回転に入ると、どんどん人生って望み通りに変化していくんですね。

 

でも、それもこれも、彼女が「ひと粒の籾」を自分の未来に託して投資したから。

そして、コーチを信じ、自分を信じて、

「いつもの私では考えられない行動力を起こした」から。

 

先に出すから、返ってくる。

出すところと、節約するところを間違えなかったから、

わずか一年で、ちゃんと元が取れたし、それ以上の希望がくっついて返ってきた。

 

時に、そのひと粒の籾は高価に見えるかもしれないけれど、

あなたには、その価値がある。

そう信じて、賭けてみると、いいようです。

 

ふふふ、しかし、ライフコーチって、いったい何やってんでしょうね。

何をしたら、こんな風な感想がクライアントから出てくるのか。

不思議でしょ(笑)。

ただ、お話してるだけなんだけど、それが人生をこんなにも変えちゃうんだから。

 

2019年最後の一粒万倍日に、あなたは何を始めますか?

って、日本はもう過ぎちゃったけど(笑)。

まあ、かすかに残り香がある内に、後ろ髪をつかまえちゃいましょう。

まずは自分への投資で稼げる人になる