ネガティブな自分を否定しない。陰陽の法則

木々の枝からこぼれてくる木漏れ日が大好きです。

雲の織りなす不可思議な模様や陰影が、大好きです。

ジョギングしてても、犬と散歩してても、

光と影のマジックを見つけるたびに立ち止まり、

ついつい写真に収めたくなってしまう。

 

犬は先を急いでせかすのですが(笑)、

目で見ている自然の風景はカメラで見ると、まるで異なり、

何度も何度も、撮り直したくなる。

 

なんで、こんなに惹かれるのだろう、と思うと、

やっぱりそれは、「光」と「影」があるから。

陰と陽のグラデーション。

それらがあってこその自然界。

宇宙の成り立ち。

その微妙で儚げなのに、まるで計算され尽くしたように完成度高い景色に

つい心を奪われてしまうのかもしれません。

 

 

人間だって、自然の一部なのだから、

光だけってわけにはいきません。

光になれば、影もできる。

光の強さが強いほど、影の色合いも濃さを増していく。

 

だから、自分の中のネガティブを見つけたとしても、

それは、否定しなくていいのです。

ネガティブの根っこが深くても、その色があまりにダークでも、

恐れることはない。

恥じることもない。

その光は高く上がって、強い輝度で広くを照らすに違いないのだから。

 

自分にできるのは、ただ、その影を「観察」すること。

そこに、それがあると、認めて、受け入れること。

そして、その対極の光の源が、必ず自分の内側にあることを

強く信じること。

 

今日は、ちょっと言葉が降ってくるのに任せて、

ポエムな人になってみました(笑)。

自分を否定している人が、ずいぶんと多い世の中だからね。

 

これも、おすすめ記事です。

弱さを見せられる人が実は強い人