つかの間のダブルワークもきっと悪くない

ハワイにいた頃、フィリピン系の移民さんたちとか、

ツージョブ、スリージョブは当たり前なんだよ〜と聞いて驚いたことがありました。

 

バブルを経験したばかりの東京から来ましたからね、

なんだか、そんなのって、可愛そう、みたいに

悲壮感を持って受け止めていたかもしれません。

 

でも、自分もしがない学生として渡米し、貯金もなく、

大学院に通いながらも、相当な時間を働いて、

そこで未来を築きつつ、自ら学費も稼ぐことになったわけです。

 

お金に関して、タフになれた期間でもあったかもしれません。

 

 

今では、UBERやら、Air B&Bやら、

就職しないで、雇われないで、稼ぐ方法はたくさん出てきました。

 

先日、発見したのは、Cambly(キャンブリー)というサービスもオモシロイです。

ワンタッチで世界中のネイティブ講師と英会話 Cambly

 

登録した英語を話すネイティブさんが、空いてる時間にパソコンの前で待機してて、

ネイティブと話したい人が「今、話せる人」を探して、

あ、この人良さそう、と思ったら、ポチッとして会話する、という。

 

空いた時間を、自分ができることで、お金に変えたい人と、

家にいながら、ネイティブと生きた会話を楽しみたい人とをつなぐ、

素晴らしいマッチングサービスではないですか。

 

英会話の先生ではなく普通の人と話したい、というニーズは確かにありますよね〜!

私も英語習得を望むクライアントには絶賛おすすめしたい。

 

「日常会話」がいかに難しいか、そこで体感できると思うし(笑)。

 

ネイティブさん側からすれば、特技も資格も要らず、空いた時間がお金に変わる。

世間話の中で知らない世界のことも聞けたりするし、

心がつながれば、互いの場所を行き来して、友人が増えることもあり得たりする。

 

その瞬間は一生懸命、誠意を尽くすだろうけれど、

別にそれ以上のコミットメントは不要で、とても気軽。

 

UBERにしろ、エアビーにしろ、その辺が、新しいんだろうなあと思います。

 

 

今、ちょっとしたお金が必要。

この借金やローンを、少しでも早く返して身軽になっちゃいたい。

 

そんな人のために、今は稼ぐ手段もいろいろ出てきていますよね。

 

副業ならず、複業、というのが流行ってきてますが、

しっかりした正社員ジョブがある人だって、

つかの間、未来のためにダブルワークしてみるのだって悪くない。

 

先程のCambly,暇そうに映画観ている、うちの相方にやらせよっかな(笑)。

でも、時給10ドルかあ…

もう少し割の良いことしたいかも、ですね(苦笑)。