牛乳でゴロゴロしちゃう私に嬉しい選択が次々と。プラントベースの存在感増すアメリカ

 

私がビーガンになって良かったと思うことのトップは、

たぶん「牛乳」から解放されたこと。

もともと子どもの頃から、苦手だったのです。

お腹はすぐにゴロゴロするし、学校帰りに我慢できずに、

泣きながら走って家に飛び込んだこともあります。

母親だって飲めないくせに、なぜか子どもには強要し(苦笑)。

ま、戦後教育の洗脳の強さと言ったら、恐ろしいほどですよね。

 

肉や乳製品を止めたら身体のあれこれが変化し、癒やされ、回復し。

素晴らしく強い体質に生まれ変わりました。

全米的にも牛乳は、ちょっと立場が悪し。

代替えのミルク製品がいっぱい出回っています。

 

それはコーヒークリーマーの世界にも及んでいて、

いまだに高級カフェでも「プッチン」のコーヒーフレッシュとやらが出てくる日本とは違って、

アメリカの選択の多さと言ったら、奥さま…

 

私はずっと前から、豆乳を濃縮したソイクリーマーを入れて飲んでいるのですが、

アーモンドミルクや、ココナッツミルクベースのクリーマーも、

一般的に置かれるようになって久しいです。

 

最近は、大豆アレルギーも取り沙汰されているので、

気づいてみたら、他にたくさんの代替ミルクやクリーマーが出ていたんですよね。

 

とりわけ、今の注目は、オーツ麦ベースのミルクやクリーマー。

オートミールやクッキーにして食べたりするのが一般的ですが、

なんとミルクも出ていたとは、知らなかった…

Facebookに上げたら、たくさんのコメントがつきまして、

私も友人と一緒に初体験。

ソイと牛乳の中間な感じの濃さに、ナッツみたいな香ばしさがあって、

なかなか美味しい〜。

でも高い(笑)。

 

棚をもっとよく見てみたら ↑ 他にもこんなのが出回っておりました。

 

・アーモンドミルクとココナッツミルクを混合したクリーマー

 

・マカデミアナッツとココナッツの混合クリーム

 

・そして最新版としては、ヘンプクリーム!

 

ヘンプ(麻)はプロテインが豊富なスーパーフードとして人気あり、

ナッツやパウダー、オイルなんかはかねてから出回っていましたが、

ついにコーヒークリーマーまで、とはね。

 

環境問題や動物愛護の観点から、

牛乳やら肉食に反対する若い人たちが急増しているアメリカでは、

これはきっと自然な流れなのですね。

牛乳業界やらどこぞの思惑に洗脳された頭をクリアにしてみると、

ミルクなんて、別に何でも良いわけで。

 

まだまだこなれた値段ではないものが多いですが、

ちょこちょこと、気が向いたときに新種を試してみようかと思います。

 

こうやって、選択が豊富にあるから、アメリカン・ライフは助かります。

3年半前に書いた砂糖のことでさえ、

日本はまだまだ変わらないものねえ…

LAのカフェには、なぜ6種類もの砂糖が用意されているのか?