実はまだ本気を出してないだけ、という言い訳を捨てる

いつまで言い訳言ってるの?

「俺はまだ本気出してないだけ」という漫画が映画化もされてますが、

この言葉の威力すごいなあ〜と、心にズシッとのしかかります。

斜に構えて、まだまだ行けるぜ、

本気出せば、こんなもんじゃないんだから、って言ってる間に、

私ったら、もうアラカン?(怖)

 

いや、自分は常に本気でしたけど?って言い訳はあるものの、

実は、怖くて、やってないこともいっぱいある。

実は、カッコつけてて、遠慮していることもある。

皆、そうではないでしょうか。

いや、一緒にしちゃいけないか(笑)。

 

冷めてクールでがカッコよかったのは40年前のこと

私らの世代は、「新人類」とか呼ばれたりして、

学生の頃だって、無機質で、軽く、明るくがモットーで、

ガツガツ本気を出すことが、ちょっとネクラ?

そんなムードがあったりもしたんですね、

もう40年近く前の話です(驚)。

 

本当は舞台に上がって、一発勝負に賭ける人たちが眩しいのに、

自分は関係ないってフリをしてみたり。

痛いですよね、今、そんなこと言うと。

 

過去は過去として、オリンピックイヤーを迎える今のムードはやっぱり

全力投球。

 

それが、かえって「カッコいいよね」って風になったんだと思います。

アスリートも、尊敬されていますし、

AKBではないけれど、悔し涙だって、キラキラ輝く勲章です。

 

ドリームキラーになっちゃいけない

隠居気分で冷めてる場合じゃないよ、おっさん、おばはんって言われないように、

いつまでも、ちゃんと現役でいられるように、

本気、出してもいいんじゃないでしょうか。

 

自分がやってないと、人のチャレンジを揶揄する

ドリームキラーになってしまうかも。

一番手強いドリームキラーは、自分自身だからね。

 

コレ読んで、気を引き締めて、2019年も残り数ヶ月、

一気に駆け抜けて行こうではないですか。

本気を笑う人とはつき合わなくていい