他人が皆リーズナブルと思う癖をやめたいね。普通は自分の中にだけある

酷暑の中を裸で犬とジョギング!?

まだまだ真夏が続くテキサス州ダラスの郊外のひっそりとした街で、

午後5時過ぎに、ぜーぜー言う犬を引っ張って散歩していたわけですが、

道の反対側の歩道を、

ラブラドールと一緒に足早に通り過ぎる白人中年男性がいました。

 

上半身ハダカ。

金髪で、体型はともかく自信たっぷりで、脇目もふらず、颯爽と。

犬は、リーシュもなく自由に前を走り、それを彼が追いかけて、

ほとんど軽いジョギングレベルです。

 

気温37度くらいまで上がってて(夕方が一番暑いのです)

じっとしてても、ぐったり汗かく陽気。

多少、乾いた風があるとはいえ、日差しの強さは天下一品。

そんな中で見るランニング風の散歩は、かなり異様です。

 

へたってる自分らが異常?

なのですが、でも、一瞬、こう思ってしまったんです。

こんなんでヘコタレてる自分と我が愛犬ベラちゃんが弱っちいのかな?

本当はああやってジョギングくらいできるのが

普通?

 

皆さんも、こんな経験、あるのではないでしょうか?

人の姿見てて、つい「あれ、自分がおかしい?」と思ってしまうことって。

自分の普通と、世間の普通のズレが気になって

一瞬、不安になる。

 

実際には、アメリカなんて変わり者の博物館なので(笑)

ひとりひとりが、やりたい放題やりながら生きていて、

KYだらけだから、KYの意味が成り立たないほどで(笑)

読むべき空気、ってのが、そもそもありません。

 

なのに25年も住んでて、「自分が変?」とか思うなんて、

まだまだだねえ〜と苦笑しました。

 

周囲の住民から見たら、子どものいないゲイの中年カップルが、

保守的と言われるテキサスの郊外の新興タウンに家を買って、

昼もどこも行かずに家にいて、

朝も夕方も小さな犬と散歩しちゃってたりする方が、

よっぽど変(笑)。

 

 

そもそもなぜ熱い最中に散歩をするのか?

本題からは外れますが、

ところで、なぜ、そんなに暑い時間に散歩なんかするの?

と聞かれるのですが、好きで行ってるんじゃないですよ〜。

 

うちのはエネルギーの有り余った子犬でして、

朝はもちろんたっぷり行くのですが、昼間はずっと寝ていて、

夕方過ぎから、突如として、また元気爆発なんです。

 

そこから10時の就寝まで、スイッチオン状態なんですよね。

放っておくと、こんなことになる…(涙)。


(クリックすると大きくなります…)

オモチャで軽く遊ぶ程度じゃおさまらないので、

どっぷり疲れさせるために外に連れ出す感じです。

あと、何年、こんな感じなんだろうか…

 

成長のエネルギーを浴びて暮らす幸せ

とはいえ、元気いっぱいの「幼子」がいる家は、

それだけで華やぎます。

この子がウチにやってきたのには、ちゃんと意味がある。

それを二人でヒシヒシと感じ、感謝する毎日です。

 

近所にも小さな子がいっぱい住んでいて、

犬を見つけて寄ってくる。

老けてる場合じゃないよ、という感じで、

若い成長エネルギーが充満する街で、

人生何度目かのリセットを体感して、

次に訪れる変化の波を待っています。

 

おすすめの犬の映画を3つほど

日本では11月から始まるという、この映画。

ベラのワンダフルホーム

アメリカでは年初にやっていたのですが、

昨日、映画チャンネルで放映されていたので初めて見ました。

 

犬の名前が一緒なのもあって感情移入が激しすぎ、最後は

号泣(笑)。

 

こちらの映画と同じ原作者さんです。

 

僕のワンダフルライフ

 

僕のワンダフルジャーニー

 

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!