私は孤独死なんて絶対にしないと言える理由

孤独死なんて呼ぶのは失礼な話

孤独死、って言葉は、本当に失礼だと思う。

死んだ瞬間、どんなだったかが大事なわけじゃなくて、

それまでの数十年間、あるいは100年近く、

あるいはそれ以上の長い時間をどう生きてきたかが大事なわけで。

 

息を引き取った瞬間、ひとりだったからって、

それを気づく人が周りにいなかったからって、

その人を「孤独」呼ばわりするのは、無粋なことだと思うのです。

 

本当は眠りの中で旅立ちたい

かつては家で、家族に囲まれて死ぬのが当たり前だったのでしょう。

今は病院で機械に繋がれ、管をあちこちに突き刺されて、

薬の匂いの中で息を引き取るのが、当たり前です。

 

でも、本当は、眠りの中で自然に逝けるのが、

理想の旅立ちなのではないのかな。

少なくとも、自分にとってはそうかな、と思うのですよね。

 

眠る直前まで普通に元気で、

気づいたら(気づけないんだけれど)目が覚めずに魂だけが旅立っていた。

そんな感覚で、「抜け出る」ことができるなら。

 

死に方よりも、生き方にこそ意味がある

死に方が問題なんじゃないよね。

生き方が問題なんだよね。

死に方が、生き方を象徴するものなどではないはず。

 

孤高の旅立ちを汚すような言葉は、だから大嫌いなんだろうと思うし、

それを不必要に煽って、怖れさせる向きにも、嫌悪を感じるのでしょう。

 

昨日は9/11。

コミュニティに掲げられた大きな国旗も、半旗になっていました。

 

 

また、この本読んで、今の生き方を見直してみようと、ふと思いました。

「死ぬ時に後悔することトップ5」