成功する転職・ダウングレードする転職

ただいま、採用面接で転職チャレンジ真っ最中のアラフォー女性クライアントがいます。

なかなか変わった経歴をお持ちの方で、40過ぎて留学までしちゃったりして。

でも、そういう「変わった感」があると、

日本の普通の転職エージェントさんや、企業さんからは、

敬遠されがち、ですよね〜。

でも、だからこそ、まずは書類で勝つ必要がある。

それを熟知している彼女だから、最初からもう食いつき方が違います(笑)。

日本語の経歴書をまずはブラッシュアップして、

英語のレジメをブラッシュアップして、

同時に、始まってしまった優良企業との面談のトレーニングセッションとなり。

今回は、とくに英語での本国とのビデオ面談があったりするので、

英語で、自分をどうアピールするのか、

予測される質問に対する答え方を、英作文してメールでがっつり送りました。

「組織改革は英語でなんで言えばいいですか?」

そんな風に質問するクライアントに対して、

そういうことは、どうでもいいんだよ、とバッサリ。

そんなことより、あなたがなんで、この仕事をしたいのか。

なぜ、この会社で働きたいと思うのか。

今、この貴重な時間を、どうしてこの職務で活かしたいと思うのか。

それで、どんな未来の理想図を描いていこうとしているのか。

そんな風に、「あなた」という「人」が見える語り方をするのが、

英語での面接の必勝法なんだよ、と伝授。

とくに、アラフォー以上の場合は、管理職か、候補としての採用なんだから、

お子様ランチな答え方じゃダメなんです。

年食ってれば(失礼)、たくさんの経験があって、当然です。

これまでの人生で、自分が何をしてきたのか。

何に貢献してきたのか。

そして、これからどこに向かおうとしているのか。

それを、「あなたという人が見える」ストーリーとして語るのが、面接、というものなのです。

何か、質問ありますか〜?と振ると、その人の実力が一瞬で透けて見えたりします。

多くの人は、戸惑いながら、「いえ、ありません」と言う。

え〜〜〜〜!!!!

質問のひとつも用意してないの〜!?!?

と、こちらは驚くことになりますが、表には出さずに、心で極太の赤いバッテンを書く。

なんか、「あなたには興味がありません」と言われているのと同じで、

これって、とっても寂しいことなんですよね。

質問って、ただ知りたいからするんじゃない。

質問しながら、1)知性を見せ 2)関心を見せ 3)相手をうならせ 4)相手をくすぐる

それだけの絶大な効果がある武器なのに、こんな大事な場面で利用しないと、

「たいした仕事してきてないんだな」という印象につながってしまうんですね。

質問を用意してなくて、でも何か言わないといけない雰囲気に押されて、

思わず、待遇やら、有給の消化率やら、昇給の可能性やらを聞く人がいますが、

それは、タブー

というか、その段階で聞くことじゃないのです。

君は、それにしか興味がないのかね?とガッカリされて、超極太の赤いバッテンがつきます。

いや、大事なことなんですよ。

でもね、そこで期待されているのは、そういう質問じゃないのです。

本国との英語でのビデオ面接を終えたクライアントから、

早速、嬉しいメールが届きました。

「何より、上野さんから前日にいただいた文章が

ものすごく

心強く、そして

実質的にお話しするためのベースとすることが出来て、

本当に感謝しかありません」

赤字は、彼女がつけてきたもの。

嬉しいですね〜。

と、こうやって、実際に面談にこぎつける力がある経歴書ができ、

その作成の過程で、自信レベルが100倍にも高まり、

自分の視点がシャープに定まっていく。

だから、面接でも、印象がガラリと変わり、

次々と突破する推進力が生まれるのです。

この、履歴書、経歴書作成サービス。

あまりにも成果が高いので、このたび値上げしました(笑)。

時間と手間をかけるだけ、成果も高まることがわかったので、

ビデオセッションもおつけして、メールサポートも完成まで無制限。

赤字入れつつ、30分にもわたる音声アドバイスを返信したり、

やりとりは、何十回にも渡って続きます。

だからこそ、の、値段です。

でも、こんなの、上質な職場に採用されれば、すぐに元取れちゃいますから、ご安心を。

キャリア相談を含みつつ、履歴書・経歴書を徹底リフォームして、

残りのキャリア人生に賭けたい!

そんな本気の方だけ、来てください。

人事責任者が会いたくなる履歴書、
スルーされる履歴書。
まずは書類で自分を高く売って勝ちに行け!

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!

>