【パワハラ・モラハラ対策】目には目を。やられたらやり返せ!

会社で上司のパワハラに悩んでいる方に、こんなアドバイス。

「その上司の上司に言いつけちゃいましょう」(笑)

それって、当たり前じゃない?って私など思うのですが、

皆、意外にそこに目が向かないし、

いけないことだと思いこんでいたりもしますよね。

「せ〜んせ〜に言ってやろ〜♪」

なんて、子ども時代にいじめられたりしたのかな。

自分が、先生に言いつけちゃう方にはなったことがなく、

それは、卑劣なことだと思いこんでいるのか?

言いつける、という表現が良くないんだと思いますが

「こんなことで、とても困っているんです」

ということを相談するのは、当たり前のプロトコルですよね。

まあ、先生が機能しなくて、下手するとイジメが激化する、という怖さもあるから、

相談する人への信頼感に絶対的な自信が持てないと、

行動には移しづらいのかもしれません。

パワハラしてくる上司にも、上司がいます。

よっぽど小さな会社で、社長自身との折り合いが悪いとなると、難しいですが、

大きな組織だったりしたら、今、パワハラは社会問題化しつつありますし、

下手したら訴訟にだってなりうることだし。

「泣き寝入り」って、もったいない。

闘うってことを、良しとしない人が多いのに驚くのですが、

「自分の尊厳を自分が守る」って、とっても大事なことだと思うのです。

ハラスメントに合うとき、人はどうしても萎縮させられます。

パワーで上から押さえつけられて、弱いところを掴まれて、

ジクジクとやられるものだから、戦意も喪失し、

蛇に睨まれた蛙状態で、思考も動作も停止してしまうもの。

最大の予防は、早期の仕返しです(笑)。

あるいは、「ブチ切れて」見せること。

あんたねー、いい加減にしなさいよ!と、声を荒げる、とか。

なめんなよ。

ふざけんなよ。

それを、何らかの形で示せたら、上からマウンティングしてこなくなる、かも。

私も、かつては結構、部下を追い込んでしまったこともあったりするし、

あなたのせいで、うつが再発しました、という部下もいたりしたし(涙)、

お前こそパワハラ上司やないけ、と言われそうで、怖いのですが…

偉そうに、こんな記事を書いています(苦笑)。

たまには「なめんなよ!」って、怒ってみせよう

怒りの感情は、自分を守るために必要なことが多いです。

協調性を重んじる社会では、怒りは嫌われ者になりがちですが、

押し殺してばかりの人生では、自分がどんどん死んでしまいます。

ときには、「あえて、怒る」。

そうやって自己防衛ができるようになると、

セルフイメージやら自己肯定絵感、といったものが、グイッとあがりますからね。

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!

>