可愛い自分に旅をさせよう!

(10日間の出張に出る、というときのメルマガより)

ペットちゃんはどうされたんですか?と、何人かの方からメッセンジャーで問い合わせあり。

彼女は、無事に素敵なステイ先を見つけました~。

 

メッセンジャーで連絡してくれるのですが、他の犬と戯れながら、

シッターさんの側をくっついて歩いて、楽しんでいるようです。

なんだかアメリカの田舎のモーテルとかと同じくらいの値段なのですが、

ホームスタイルの滞在先、ということで、見に行ったら、

本当にオーナーさんが住む「家」でした(笑)。(写真上)

 

ただ、ダラス郊外の家ですから、でっかいです。

公園かよ、と思うほどの庭の広さ。

20匹近い大小の犬が自由に遊ぶ光景は、ビデオでも生で見せてくれるのですが、

いつもひとりのうちの子には、きっと良い体験だろうなあ~と確信。

 

人間の子どもも、キャンプ行ったり、保育園行ったりして、

親元を離れて、独立心を養うことをしますよね。

犬も一緒だよな、と、後ろ髪引かれまくるのを断ち切って、

 

「可愛い子には旅をさせろ」と

 

10日間、別々に暮らす決断ができました。

 

でも、これ、自分に対しても同じことだな、とも思いました。

「可愛い自分」のためを思うならば、「旅」をさせてやらないといかんのです。

 

今が居心地良くって~なんて言ってないで、

どんどん「居心地悪い」ってことを、やらせるように仕向けるのも、

可愛い自分を思う、「親」としての愛情の示し方。

 

甘えさせてあげるポイントと、鞭打って鍛えてあげるポイントと、

愛を持って、使い分けることが大事なんですよね、きっと。

 

あなたにとっての「旅」ってなんだろう?

 

それは文字通りの旅行かもしれないけれど、

きっと、そうじゃなくて、なにか「試練」的なことかもしれません。

 

やりたいけれど、無視してきたこと。

ありえない、と押し殺してきたこと。

 

可愛い自分の親になったつもりで、背中をドンと押して、

「旅」を体験させてあげてみてはどうでしょうね。

 

 

私は、といえば、愛犬のことを思って、えい!と預けたつもりが、

実は、分離不安に陥っているのは、自分の方でして(爆)、

スマホに溜まった写真を眺めては、涙ぐむ毎日です。

 

きっと、彼女の方は、他の犬たちと戯れて、楽しみまくっているのです。

鍛えられてるのは、自分の方ってことですね、はい(涙)。