87歳の自分が見たヒヨッコのあなたへのメッセージ

相方も私もミュージカルが大好きで、ブロードウエイやら

ロサンゼルスのハリウッドのシアターやらで、さんざん見ています。

ハワイ時代も、有名ミュージカルがツアーで来てくれたり、

ロコたちのプロダクションも、とてもレベルが高かったりして、

かなりの本数を見に行きましたが、そのたびに

やっぱりエンターテインメントの国なんだなあと感嘆したものです。

 

コンサートって、音量の大きさがじゃまをして実はあまり好きではないのですが(ライブDVDは好き・笑)

ミュージカルは、やっぱりステージに近い席でのライブが一番。

生身の人間が、目の前で、肉体だけで繰り広げるパフォーマンスは、

映画の特撮や編集みたいなものとは無縁。

仕掛けや舞台装置や衣装はあるものの、基本は生演奏と生声ですからね。

人間ってすごい!って、素直に感動できるんです。

 

日本出張中に、ミュージカル界のアカデミーみたいな「トニー賞」の授賞式がありました。

人気ミュージカルがパフォーマンスを見せてくれることもあり、いつも楽しみに見ていますが、

今年、驚いたのは、主演女優賞に輝いたエレイン・メイさん。

 

初受賞というか、ノミネートも初めてのようなのですが、なんと御年87歳!

その見た目の若々しさにも、驚き。

上の写真は、先週の授賞式の、つまり「現在」のお姿です。

参考記事はこちらをどうぞ。

 

映画やテレビと違って、舞台は、生身のもの。

そして、ブロードウエイは、連日、連夜、同じパフォーマンスを繰り返し披露する、100%体力勝負でもある。

それを80代後半で現役でやっていて、そして初めて栄えある賞を受賞してスポットライトを浴びる、という人生。

おもしろいですよね〜。

動きも、お話も、口調も、トーンも、現役感たっぷり。

「そんな歳まで働いていたくなんかないわ〜」という方もいるのかもしれないけれど、

どうせ生かされてしまうのならば、充実した人生の方が、良くないのかなあ。

 

87歳といえば、日本女性の平均寿命。

今の87歳って、こんななのよ、って、サラッとお手本を見せてくれた感じで、嬉しくなりました。

 

彼女から見たら、40代なんて、まだまだヒヨッコ世代。

でも、その頃から脚本家としてアカデミー賞にノミネートされた有名映画がいくつもあって、

そのひとつ、「天国から来たチャンピオン」って、

40年前、私が高校生のときに、学校さぼって見に行った大好きな映画なんですよね(笑)。

(当時から、アメリカ映画が大好きでした。)

 

今の時代、人のキャリア人生って、そんなにも長いものなんだなあと感慨深いです。

87歳の自分が、今を振り返ってみたときに、どんなメッセージを伝えたいと思うんだろう?

眼の前のTVスクリーンで元気にスピーチをする彼女を眺めながら、

ふと、そんなことを思いました。

 

小さい日常の悩みとか、そんな長いスパンで見たら、道端の砂粒みたいな微小さで、

時間の風に吹かれて、きっと記憶から消え失せていることでしょう。

先日も、大器晩成についてメルマガで書いたのですが、

そうそう、こういうことじゃん、っていう見本がここにもあった。

 

 

年齢という数字のマジックに負けがちな方々にも、

人生の長さを想像する力がいまいち足りない人たちにも、

ぜひ伝えたいな、って思ったのでした。