独立して食える人、食えない人

ゴールデンウイーク前に応募していた体験セッションが、5月半ばで終了しました。

 

10名のアラフォー、アラフィフ女性とお話しましたが、皆さん、本当にまじめで、一生懸命でがんばって生きてきた方々ばっかり。

なんだか、その生き様、というか、一生懸命な姿勢に感動すらしてしまうのですよね。

 

日本の方がほとんどですが、西海岸在住さんも3名ほどいらっしゃいました。

アメリカ滞在経験がある方も、数名。

皆さん、いろんな共通点を見出しながら、私のメルマガとか、ご覧いただいているんだなあと感激。

 

中には、一生懸命、ひとりでビジネスを立ち上げようと奮闘している方もいるのですが、「専門家」としての自信、プライド、習熟度は素晴らしいものがあるのに、「ビジネス」というところでは、今ひとつ自信がないというか、何を持って自信とすればいいのかが、見えていないところがあるようです。

 

そうなんです。

会社を辞めて、自分らしい生き方したい!という方は多いけれど、「稼ぎ方」がわからないと、路頭に迷う。

迷った挙げ句に、前いた場所に戻ろうとしても、見つかるのは、安くて、条件の悪い仕事ばかり…

みたいなことが起こるのが、現実社会だったりもして。

 

自分には「売るものがない」と感じる人は、まずは稼げる、と言われる資格取得から入ろうとします。

それは、まあ、間違いとは言いません。

ひとりで稼ぐにも、「商品」が必要ですから、それを作れる自分になるのが第一。

 

その次に何をするかと言うと、簡単で、

 

「商品を作って、売る」

 

ということなのですが、これができないままに、足踏みしてしまう人が実は多いのです。

 

まだ、自信がない。

体験をもっとやって、自信をつけたい。

今は無料で。

 

まずはボランティアで。

もっと上級コースを受けてから。

もっと人数やってから。

 

いろんな言い訳しながら、前に進まない。

趣味の世界でやってる分にはいいのだけれど、そのままだと、いつまで経っても、家計は赤字。

もし会社だとしたら、とうの昔に「倒産」しています。

個人だったら、「破産」ですよね。

 

でも、破産していないならば、その理由はこれらのどれかでしょう。

 

1.旦那が稼いで食わしてくれて

2.貯金で食いつないでいる

3.失業保険にしがみついている

4.実家でのうのうと暮らしてる(言葉悪し)

5.資産がある

6.本業が別にある

 

これらがあると、安心は安心だけれど、でも、自分をドライブする「危機感」というものが欠如して、結果的に、何も実現できない、なんてことが起こりがち。

要注意ですよ。

 

進めない理由をひもといてみると、やはり最たるものは、これです。

 

売れる気がしないから。

 

何をしたら、人が買ってくれるのかがわからない。

ブログは見てくれている。

メルマガも始めてみた。

 

で、それから…?

 

商品ページって、何をどう言ったら良いの?

何を書いたらお客さんに「欲しい!」と思ってもらえるの?

どうすれば相手の「欲しい」という感情を引き出せる?

 

そこがあまりにも見えなくて、真っ暗闇で手探り状態で、どうしても、先に進めない。

そういう方がお勉強しなくてはいけないのは、上級コースじゃなくて、新たな資格じゃなくて、

 

「売るスキル」

 

なんです。

 

 

具体的には、セールスライティング、というものになりますが、ブログ書いたりSNSやるのと、売るためのライティングはちょっと違います。

そこには、心理学の要素がたんまりと入り込んでくる。

 

売り込みなんて、しなくていいのです。

安くなんて、しなくてもいい。

単純に、「安いから売れる」わけじゃないからです。

 

これができれば、ウエブで商品を売れるようになります。

そうすれば、憧れの時間と場所の自由も手に入る。

会社になんか、行かなくていいのです。

 

ハワイにいても、ロサンゼルスにいても、テキサスにいても、のんびりな私が変わらず(なんとか)やっていけてるのは、はるか昔に、この秘密を教わったからなんですよね。

 

今なら、550円で、その秘密が手に入るようです。

独立して食える人、食えない人

 

日本の31日いっぱいです。