田原俊彦のジャニーズ退職金は驚きの値段だった!

とても活躍していたのに、あるときから、急にテレビで見なくなるタレントさんとかって、いますよね。

私の場合は、94年にハワイに移住してしまったので、ネットもなかった時代で、ぶつっと一時期、芸能情報が途切れたのですが

(あとでまた、ものすごく取り返すのですが・苦笑)

田原俊彦さんとか、あれ、どこ行っちゃったの?と、ある日、突然気づいたひとりです。

あまり自身を語ることもなく、でも今また、がんばってる様子を拝見できたりもして。

同時代のものとして、嬉しく思っておりました。

(あちらが一年、先輩です)

(私は聖子ちゃんと同い年・笑)

トシちゃんの激白インタビューが面白い

その彼が、初めて週刊文春でインタビューに答え、独立の真相やら、その後のあれやこれやを激白。

今月から、週刊文春と週刊新潮も「楽天マガジン」で無料で読めるようになってしまい、思わず、ダウンロード。

この記事、普段はベールに隠されているジャニーズの裏側が赤裸々に語られて、次回も続くらしく、楽しみ過ぎる。

田原俊彦が初告白 ジャニーズ独立の真相

平々凡々とした、単調な暮らしも退屈だろうけれどでも、一世を風靡するスターの人生のような、振幅が激しいのも、結構、辛いと思う。

淡々とした毎日に幸せを感じやすい自分なんかは、憧れたとしても、実際にそういう暮らしが舞い込んだときに、戸惑いと混乱と興奮と落胆とに揉みくちゃにされて、疲弊して、幸せ感どころじゃなくなりそうな気がする。

というような潜在的な恐怖心を持った人には、そういう暮らしは、きっと訪れないので、大丈夫なんだけれど(笑)。

人は自分で自分の行き先やスピードを操縦するアクセルとブレーキを持っていて、知らず知らずに、それを使ってコントロールしているものなのです。

という話は、また今度、ゆっくりと。

楽天マガジンは劇的な低価格!

それにしても、一時は全然見なくなって、「やめちゃおうかな」と思っていた楽天マガジン

3月には、、with、 VOCE、 FRaU、 ViVi、 ディズニーファンが追加。

そして4月から、話題性抜群の新潮や文春が加わってしまうと、もうこれは見逃せない。

月々300円、という、なんだかお財布の中の「誤差」みたいな金額で、こ〜んだけたくさんの雑誌がサクサク読み放題だなんて。

世の中、どこかおかしい(笑)。

雑誌が好きなのに、これを利用しない人がいるとしたら、なんだかそれも意味不明。

雑誌って、やっぱり時代を一番写していると思うし、世の中を一瞬で俯瞰してみるのに、ちょうどいいんですよね。

ズラッと並ぶ表紙を見ているだけで、時代の空気感が伝わります。

海外在住だからこそ、これ、とっても大事なことなんです。

「楽天マガジン」おすすめです。

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!

>