何、会社に期待してんの? 昭和の遺物は誰?

先日、ふとしたはずみで(というのもおかしいですが・苦笑)

地方都市在住の40代前半シングル女性とのスポットセッションがありました。

はい、またしてもアラフォーシングル女性(笑)。

本当に強力な磁石のように引き寄せてしまうのですよね…。

 

専門学校を出て20年、仕事ひと筋でがんばってきて、転職もしっかりしてステップアップはしているつもり、

のようですが、まあでも、多種多様なことを経験して鍛えてきました〜というよりも、

同じ業界、同じ役割の中で、よりメジャーな会社で安定だけは確保したかな、という感覚。

 

ただ、はっきり言って、それって(彼女の現状)斜陽産業だし、斜陽部門だし。

いろんな意味で淘汰の憂き目にあうのは目に見えている職種なんですよね。

もしかしたら、あと10年くらいは生きていけるかもしれないけど、いつ部門がクローズされるかわからない。

で、その後、どうします?

で、20年後、30年後は、どうしましょう?

 

彼女も、そういう長期視点で人生を見たことはなさそうで、とにかく目の前の仕事で

「認められたい!」一心で、極めて

視野が狭い。

 

しっかり数字もあげているのに、でも、なかなか待遇は変わらない。

やってない人との差がほとんどない。

「なんで私をもっと認めてくれないの!」と憤りが高まって、つい涙が溢れ出ちゃう…

昭和の時代から見てきた風景として、郷愁すら感じてしまいます。

 

ただね、うーん、会社経営者としてはですね、たいして伸びる期待が持てない斜陽部門の人に、

高い給料なんて払えないですよね。

それに、管理職ならいざしらず、プレイヤーである限りは、

2年目でも、20年選手でも、パフォーマンスに10倍の差があるかというと、きっとない。

つまり、10倍のお給料払う必要があるかというと、ない。

 

そもそも大会社だし、本社の特別部門でもない地方の支社だし、

目の前の中間管理職にいくら訴えたって、その人の権限や裁量なんて、たかがしれてるではないですか。

あなた、何、会社に甘えてんのよ〜ってことになるわけです。

間違った期待をして、間違った人を困らせて。

それで、若い子はちやほやされていいわよね、ってなったら(彼女はなってません)

一応、年功序列的な制度の名残りもあって給料高めにしてるのに、文句も年齢並みに図々しく言えちゃうから、

上司にとっては面倒くさい存在なだけ(言っちゃった…)。

評価してよ〜と思ってる側と、「またかよ、うるせーなー」と困ってる側のギャップが、もの凄すぎませんか?

 

そんなにできると思うなら、自分で独立してやればいいじゃない?

今の会社にしがみついて、文句言って、いったい何を証明したいの?

あなたは何と闘ってるの?

あなたは本当は誰に勝ちたいの?

あなたは本当は、「誰の承認」がほしくて、そんなに頑張っちゃうの…?

いったい、誰に何を言ってもらうと、気持ちが収まるの…?

 

冷静に考えてみれば、何をどんなにがんばっても、今の場所では、あなたの期待する報いはなさそうですよね。

会社に無理を求めないでください。

会社だって、たいへんなんだから(笑)。

上司だって、本当にたいへんなんだから(涙)。

皆、社員を不幸にしようなんて、思ってやってるわけじゃない。

大きなシステムの中の歯車として、「役割を演じている」だけなんです。

だから、「対立」しても、無駄なんです。

 

そもそも、今の場所でいくら認められようと、60歳を過ぎたあなたが幸せになれるわけではありません。

本当に皆、リタイア後のことって、いつまでたっても「夢物語」

まったくまともにリアリティ持って考えられてる人なんかいやしない。

だから、近視眼的に、「私をもっと認めてよ〜」なんて、眼の前に見える仮想敵と闘って、

持て余した時間とエネルギーを垂れ流してる。

そんなヒマと元気があるんなら、

自分でやってみ〜!?

そんなにできる自分がいるんだったら、

自分でやってみ〜!?

そんな自信もないくせに、キャンキャン吠えてても迫力ない。

自信がなくて、勇気がなくて、失敗が怖くて、本当は…

時間稼ぎしてるくせに!

 

 

おっと…(汗)

新たな号泣を誘う正直な言葉が次から次へとあふれてきちゃうので、今日はこの辺で(苦笑)。

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!

>