ツヤのある魅力的な声になる3つの秘訣

子どもの頃は、結構おしゃべりだったのではないか、と思う記憶がいっぱいあるのですが、

気がついたときには、無口で暗い青年として大学に行っていました。

人とうまく喋れない。

声が通らない。

だから、誰も聞いてくれない。

というか、自分が喋ろうとしていないだけなのですが(苦笑)、

劣等感のカタマリで、常に硬い殻で自分を覆っておかないと、たやすく傷ついてしまうから、

自分だけの世界にこもっていないといけない時代がありました。


そんなこんなで、声に関するコンプレックスは、なかなか根深かったかもしれませんが、

マイクを持って話すと、「結構好きかも」という感覚になれたのが、40歳過ぎてから。

遅すぎ?(笑)


そういえば、大学時代に巨大プールの監視員しているときも、波のプールで注意事項をマイクで言うのとか、

かなり気持ちよくやっていたかも…

自分が気持ちよくやっていると、人からも褒められるものですよね。

割と、アナウンス役はいつもやらされていたかもしれません。

あ、やっぱり、どっかで喋りたい欲求がいつもあったのかもしれないですね(笑)。


クライアントにも、ひそかに声に悩んでいる人は結構いて、いろんなタイプの話が聞けるので面白いのですが、

声がでかすぎて悩んでいる人もいたりして(笑)、目立てば目立つで、叩かれるし、世の中うまくいかないですね(笑)。

声に関しては、自分が未来に羽ばたいていくために、障害物になりかねないな、と危機感を感じることがあり、

46歳の頃と、52歳の頃に、しっかりと発声のトレーニングなどをしたのです。

短期間ではありましたが、でも、段階的に、声が明らかに変わりました。

そのことで、自分の声が嫌いではなくなりましたし、必要なときに、必要なボリュームで話せるようにもなってきた。

今、ビデオ素材とか、あまり抵抗感なくできるのは、そのためでもあったりします。


で、プロから教わったことで、自分がまったくできてなかったな、と思うのは、この3つ。

1.姿勢の改善
2.もっと口を開ける
3.ボリューム上げる


声というのは、息と連動して身体のパイプから出てくる音なので、パイプが曲がっていると、うまく息が生かされない。

せっかくがんばって口元まで声をあげてきても、口が閉じていると、そこで出口が塞がれて、声が前に出なくて「こもる」。

そして、声に悩んでいる人は、とくに自信がないこともあり、そもそもの標準ボリュームが小さいようです。


「あなたは今、2で喋っているの。それをつまみをひねって、8くらいで喋ってみて。

それが普通の人の5くらいだから」

ハワイでついた先生にそう言われたときは、天変地異のような衝撃でした。

なるほど、スタンダードがそもそも小さかったのね、と。

でも、面倒くさいよね、疲れるよね、できればしゃべりたくないもんなあ…なんて抵抗していたのですが、

いくつかのコツを覚えたら、声が前にスッと出るようにはなりました。


やっぱりボイストレーナーにつくのが一番だとは思うのですが、自分だけでまずはやってみたい、という方には、

10数年前に自分が使って、本当に人生変わったな、と思えるので、この方の本をおすすめしています。

ボイストレーナー 白石謙二さん

Kindleの無料本もありますので、ぜひお試しください。

大人世代であろうとも、声は一瞬で結構、変わります。

姿勢の癖。声の出し方の癖。口の開け方の癖。息の使い方の癖。

それらの癖を、ちょっと変えれば、どんどん声にツヤが出てきて、明るく心地よく響くようになる。

あと、まだ40年も50年も一緒につきあっていく、あなたの声。

遅いなんてことはありません。

今のうちに、精一杯、キュッキュッと磨いてあげましょう〜

本当に、声が変わると、話し方も変わり、すると人生も一緒になって、ちゃんと変わっていきますから。

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!

>