アラフォー女子が2ヶ月で4軒のマンションを購入できた秘密

外資系の企業で働くアラフォー女子とのセッションで、驚いたこと。

セッション前に、ノートにまとめた1ヶ月のレポートを送ってもらうのですが、

「マンション2軒、購入」とあったのです。

先月、報告してくれた、あの物件の他に、またひとつ買ったのかな?と思ったら、

それらとは別に、新たに2軒、購入されたとのこと。

おお〜、すごい勢い。これで、自宅と合わせて、全部で4軒? え、5軒?

あまりにもペースが早くて、こちらも覚えられなくなってきました(笑)。

 

管理職ではあるものの、いわゆる普通のサラリーマンで、

家が資産家で頭金出してくれた、とかではなくて、完全、自力。

自分も貯金がいっぱいあって、頭金ガツンと入れて、ではなく、

聞いたら驚くような感じで、買っているのでした。

その驚くような感じ、というのは、もちろん具体的には言えないのですが(苦笑)、

高額の不動産投資塾に在籍をして、そこで覚えた手法や、紹介してもらったリソースから得た情報を、

すいすいと実行に移していっただけ。

 

それを聞いていると、本当に実感するのです。

「知っているか、知らないかで、天と地ほどの違いが出る!」と。

何の違いか、というと、まあここでは老後の経済面での安心感と贅沢感、ってことですね。

 

人はよく、90%の確率で成功するけど、失敗する可能性が10%ある、というと、

その10%を怖れて、やらない方を選ぶ、と言います。

とにかく、「損をしたくない」生き物なので、失敗した人の話が大好きだし、

そういう話ばかりが、耳に入って来るし、潜在意識に残ります。

だから、「投資は怖い」と勝手に思い込む。

うまくやれている大多数の話は、聞こえない。聞こうとしない。

それは、自分には訪れることのない、一部の人の成功談なのだと決めつける。

そして、どうせ「すっぱい葡萄」だから、ほしくないもん!っと拗ねる(笑)。

 

というメカニズムが人にはあることを知り、

そこに「陥らないように」自分を観察し、逆張りをしていくといいのですが、

まあ、それが自分では難しいからこそ、コーチの存在が貴重なのでしょうね。

潜在意識のフィルターは高性能で、「やらないための理由」だけを厳選して聞かせてくれますから。

 

アラフォー女子も、別に最初から、すいすい進めたわけではありません。

いろんな心のブロックを彼女なりに克服し、私もできる限り背中を押して、それで実現できたこと。

一歩、踏み出しさえすれば、見える世界が変わるんです。

すると、自走できる人になっていく。

結局、これ、なんですね。

はじめの一歩を踏み出す勇気
どうやって身につくの?

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!

>