「強運」になれる7つの法則

私はとっても運の良い人間なんです。

勉強なんて全然しなかったのに、学校郡制度の最後の年に受験して、名門高校に偶然、入っちゃうし、

浪人中は百恵ちゃんの引退で勉強も手につかなかったのに(言い訳・苦笑)、

なんとか名前の知られる大学の端っこに潜りこんで、経歴にはその大学名がメッキのようにキラキラ残ってるし。

初めて行ったハワイで、田舎暮らしとパートナーとハワイ移住と仕事と高学歴と、

さらに友だちや仲間たちやら、全部手に入れちゃうし。

ハワイ出たいな、と思った頃には、永住権を手に入れて、LAの友人が仕事に誘ってくれたし。

庭付きの一軒家で、彼とふたりで犬を飼いたい思いが高みに達したとき、選択の光がスッと降りてきたし。

家を買うときも、さまざまな偶然とも言える「運の良さ」があって、不動産エージェントさんも驚くほどの順調さ。

「上野さん、何かに導かれてますよね」って言われたりなんかして(笑)。

と、良いことだけを思い出せば、すべては良く見えてきます。

 

その合間、合間には、何十倍もの「たいへんだったこと」があったとしても、

過ぎてしまえば、忘れちゃえる程度のもの。

そもそも、そのたいへんだったことにしても、「今の自分」を作る上では必要だったこと。

今の自分や、今の自分が置かれている場所が大好きだから、

そんな「たいへんだったこと」も、すべてが受け入れられる。

あとになったら、すべてに、感謝できる。

そんな風に思えない日も、一年のうちに何日かはあったとしても、それすらすぐに、忘れちゃう。

 

おめでたい人でいいではありませんか。

軽い人、とか言われようが、「しあわせ気分」で毎日ご機嫌に暮らしたものが、本当に運の良い人。

斎藤一人さんの本がKindleが無料だったので、年末年始に、犬を寝かしつけては読んでいました。

斎藤一人
「強運」になれる7つの法則

強運になれる7つの法則の、まずひとつめは、

「自分はすごく運のいい人間なんだ!と思うことから始める」

ということなんです。

だから、今日はちょっとあえて、自分ってなんて運がいいんだろう〜と書いてみた次第です(笑)。

さて、これで強運な人に一歩、近づけたでしょうか。

今もまだ、Kindleアンリミテッドならば無料で読むことができます。

月々980円で、本当に毎月何冊、読ませてもらっているかわからないほど。

本当の強運は、こういう良書に出会えること。

そして、それが無料で楽しめること(笑)。

まあ、私ったら、なんて運がいいのでしょう(笑)。

エンドレスで続きそうです。

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!

>