整形って、してはダメですか?

お金と時間があったら、何をしますか?という問いに、あまり出てこない言葉があります。

それは、整形。

でも、セッションが進んで気心が知れた間柄になると、容姿へのコンプレックスが出てくることも多い。

人は自然と、コンプレックスみたいな「弱い部分」は隠す傾向がありますよね。

ましてや、大人世代にもなって、こんなことで悩んでいるなんて…と、「ない」ふりをする。

でも、そこに確かにあるものをごまかせはしなくて、前に進もうというときに、どうしても足を引っ張ったりするのです。

 

先日、クライアントさんから、整形したいんです…という告白がありました。

「周りには相談できないし、でも、気になる部分があって、前からしたいなあと思っていたんです」

私は無条件で「いいじゃないですか〜。やっちゃいましょう!」と背中を押してあげました。

だって、そんなことで人生変わるなら、何を悩むことがあるのでしょう。

でも、たいていの方は、やっぱり気になるようです。

「人の目」というか、「人の口」というべきか(笑)。

変えた、ということ、そのものよりも、

「そこをコンプレックスに思っていたんだ」ということが露呈するのが怖い、

恥ずかしすぎてたまらない、という感覚でしょうか。

 

アメリカ生活が長過ぎてか、私はそこに抵抗感など一切、感じることができない体質になりましたが、ハワイもロサンゼルスも、もちろんダラスも、美容整形は当たり前に流行っています。

人生100年時代だし、ますます成長する産業のひとつであることは間違いないですよね。

小金持ちのプチセレブたちも、隠すどころか、ときに手術の成果を自慢していたりする(笑)。

 

でも、日本だって、皆、やっていますよね。

だから、たくさんクリニックがあるのだし、どんどん店舗が増えているのです。

湘南美容クリニックさんもロサンゼルスにも進出したくらい、すごい勢いです。

お披露目パーティに呼んでいただきましたが、ものすごい数のLA在住日本人大人女性でぎっしり、賑やかでした(笑)。

 

もちろん、ひとつ気になって手術すると、今度は、こっち、次はこっち、と、どんどんエスカレートしかねないのはリスク。

でも、そんなの、やって見る前に他人がどうのこうの言うことじゃありませんよね。

いい歳して、親の許可なんて得る必要もないし、後で何言われようと、やっちゃったもん勝ちではないですか(笑)。

さすがに元に戻せとは言わないでしょう(笑)。

 

私も、整形とは言わないかも知れないけれど、前歯4本をきれいな差し歯に替えたり、

額にあった大きなイボを切除してもらったり。

それだけで、人相は大きく変わりましたし、表情が明るくなったのは間違いないと思います。

歯の方はそれなりの投資額になっていますが、表情との付き合いは24時間だし、未来永劫続くものだし、

ものすごい費用対効果の高さだったかも、と25年前に即決した自分に大感謝。

「歯並び」については、日本の方はもっともっと気に留めるといいですよね。

 とくに世界の方々と触れ合う機会が増える未来には、必須事項ではないかとも。

アメリカの歯事情(というのかな・苦笑)と、私の歯への投資歴などを過去に記事にしていました。

良かったら参考にしてみてください。

芸能人は歯が命!ハリウッドセレブのビフォーアフター

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!