スノウドームをしゃかしゃか振ってみたら?

コーチングのセッションは、私は長期間、継続してこそ、と信じています。

もちろん一度の体験でも、気付きはあるし、その気付きが、違う行動、違う習慣につながって、

驚くほどの違いが目に見え始めることもある。

でも、たいていは、「目に見えない」変化なのです。

心の中に雪が降る

先日も、晩秋にスポットセッションを受けてくださった方に、こんなメールをさしあげたばかり。

「初回のセッションは、しゃかしゃかっと、スノウドームを振ったような感覚で、揺さぶられたままで終わるのですよね(笑)。

降った雪が落ち着いて、また元に戻るのだけれど、でも、その雪は同じ場所に同じように残っているわけではなく。

だから、少し居心地が悪い。

そんな状態になるようです。(私が受けるときもそうなります)

コーチングとは、継続して受け続けることで、自分が根底から変化、成長していくプロセスそのものです。

コーチングがまったくの初めて、という場合の今回のようなスポットセッションは、

言ってみれば「体験セッション」のようなもの。

だから、直接的な成果を求める性質のものではないのですが、

居心地の悪さや違和感が感じられたら、その体験は、大成功なのだと思います。」

努力最小化の法則に負けない着実な成長

人間には、努力最小化の法則、というのがあるらしく(笑)、

同じ結果なら、いかに楽に、いかに早く、いかに安く、手に入れるかに神経が向いてしまうものだそうです。

でも、人というのは、多層構造なので、表面だけ変わっても、下の方のレイヤーまで変わっているとは言えなかったりします。

3ヶ月の猛烈ダイエット&エクササイズで身体が変わっても、心がついていってなかったら、またすぐに戻るのと一緒。

だから、急がず、慌てず、スノウドームをしゃかしゃかとし続けることが、結果的に近道になるのですね。

そのたびに違って見える毎日に違和感やら焦燥感やら、いろんな居心地の悪い思いを感じながら、

気がついたら違うステージに移行していた。

そんな感覚がちょうどいい。

まるで、そこに努力なんかなかったかのように。

まるで、そこにコーチの助けなどなかったかのように。

まるで、自力でもできたかと思えるがごとく、自然にたどり着けるものなのです。

でも、そこには確かに見えない作用が働いており、透明な手が、高い壁をよじ登ろうとするアナタを支えています。

コーチが、というよりも、コーチと一緒にワークをしていったことによって、

自分の実力が上がるから。

自分のセルフイメージが上がるから。

自分の常識が変わるから。

だから「自然にたどり着けた」ように見えるのですよね。

スノウドームを振ってくれる人を探そう

スノウドームを振ってくれる人がいる人は、幸せです。

長い間、振られずに忘れ去られたドームの雪は、凍りついて固まり、

ハッと気づいて振ってみても、もう雪がきれいに舞うことはなかったり。

自ら進んでハードル高いな、という場所に行き、

やったことのないことをして、居心地悪い思いをし、

背伸びしないとついていけない人たちの中に混じって、じっとり汗をかき。

そんなことを応援するのが、コーチングのプロセスかな、と思っています。

★スポットセッションについては、こちらに詳しくまとめていますので、ご参照ください。
https://www.hajimeueno.com/spotsession

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!

>