最強のアファメーションで人生を変えよう

心配性な人の深い罪

心配性の母は、何を話しても、それを「心配」に置き換えてしまう天才です(笑)。

身体は大丈夫なの?と聞くから、最高に元気だよ〜、と答えると、「身体が何よりだからね。慢心しているときが一番危ないから、気をつけなよ」

頭では、それが愛情を形に変えた言葉なのだと理解していますが、いろいろとピキッと反応してしまう自分がいます(笑)。

慢心、とはなんだ? 危ないとは、なんだ!?

なぜ、そんな「呪い」のような言葉をかけて、人を不安に落とし込むのだ…?

一事が万事、こんな感じなので、だんだんと親戚のことくらいしか話さなくなるのです。

心配ではなく、信頼をくれ!

子どもは、心配されたいのではなく、ひとりの自立した人間として、「認められたい」。

とくに男の子は、「すごいね〜」って、持ち上げてもらうと、強い承認欲求が刺激されて嬉しいものなんですよ。

と、子育て本にもよく書いてあるじゃないか(笑)。

実はそれは恋愛でも、友人関係でも共通なんです。

心配性な人と一緒にいると、その根底にある「不安」が伝染します。

いつも最悪を想定して、怯えがデフォルトになる。

それは日米、関係なく、共通することなのでしょう。

だから、アファメーションというものが、アメリカでも提唱されるわけです。

善き言葉で、不安や恐れを浄化できる最強の自己セラピーですからね。

最強のアファメーションはこれ!

私が過去に出会った最強のアファメーションはこれ。

All is well.  LIFE  loves me.

(すべてはうまくいっている。「人生」は私を愛している)

LIFEは、宇宙でも、生命世界でも、神でも、何でも良いのですが、人智を超えた大きな存在が、私という存在を作り、見守り、レッスンを与え、無条件の愛情で包んでくれている。

だから、大丈夫なのだ、すべてはうまくいっているのだ、と唱え続けると良いよ、というもの。

それと、とくに女性には、もうひとつ大事なアファメーションもあります。

アファメーションについては、こちらの記事で詳しく書いていますので、新年にふさわしく、言葉を変え、人生を変えていきたい人は、ぜひ読んで実行してみてください。

ルイーズ・ヘイから教わった
最強のアファーメーションとは?

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!

>