始めただけで大成功。反省なんかしなくていい!

先週、先々週にかけて、クライアントが続々とサービスを立ち上げて、起業・副業の道、第一歩を踏み出しました。

本人たちも思ってもみなかったほど反響は絶大で、逆にアップアップしたり、不安になったり。

でもそれもこれも、始めたからこそ、わかったこと。

最初のサービス体験を終えて「反省の弁」を送ってくる方々もいるわけですが、私はそこでヒトコト。

「反省はしなくていいよ」

皆、昔ながらの厳しい教育の癖で、改善点ばかりを見つけようと必死です。

ああすれば良かった、こうすれば良かった。

お客様は気づきもしないだろう、という重箱の角突っつき系の小さなことばかり。

それより何より、「始められた」ことを、自分が一番喜んで、自分にでっかいご褒美の「ほめ言葉」を送ってあげようよ~と思うわけです。

真面目すぎて、私なんてまだまだ…と、遠い遠い先を見て足がすくんでいた人たちが、ここでまた反省という名の「ダメな自分探し」をしたら、せっかく自信がつくべきところで、自信喪失のループに逆戻りです。

「やった~、いろいろあるけど、とにかく始められたね~」

「がんばったね、自分!」

「よくやったよ、おめでとう!」

そんな言葉を自分にかけて、温かくねぎらってあげてほしいんですよね。

それでこそ、自信の芽が育まれるというもの。

ずっと先延ばししていた小さなチャレンジ。

はじめの一歩。

それが、やっとスタートできたんだから、大成功じゃないですか~!

おーい、何、自分責めして勝手に痛がってるの~。

それじゃあまた、次の一歩が怖くなるばかりだよ~。

ね、だから反省なんて、いらないのです。

せっかく土の上に出ようとした自信の芽が、土中深くにまた引っ込んでしまいます(笑)。

潜在意識は賢いから、やりながらちゃんと改善点には気づいています。

そして一度、通った道は、次はきっと少し上手に通れるようになるのです。

それが成長だし、進歩だし。

潜在意識の自動運転にお任せしてたらいいじゃないですか。

満足してくれたのだろうか、という不安や心配からくる「反省」なのでしょうが、大事なのは、自分の心配、じゃなくて、お客様のこと。

自分にフォーカスしてないで、相手に精一杯のフォローをして、満足度を高めてあげてね、というのが私のアドバイスです。

見つめるべきは、お客様。

自分じゃない。

じゃないと、また「上級コース取らなきゃ」とか(笑)、もっと準備して完璧にしなくっちゃ、とか、クソ真面目ループにはまって、何もしない人に逆戻りです。

やっと踏み出せた「はじめの一歩」。

ヨチヨチ歩きの赤ちゃんが、すくっと立って歩き始めた瞬間を思って、最大の拍手で祝福してあげましょう~

なんか、似たようなこと、どっかで書いた気がする…と思ったら、これだ。

最初からうまくいくことなんてない。
挑戦した自分をまずはほめてあげよう

いや、皆、ちゃんと「うまくいっている」んですけどね(笑)。

関連記事