• Evernoteに保存Evernoteに保存

やってみたらできちゃった体験をいっぱいすると自信レベルも上がる

uenotriathlon2.jpg

2年前の今日、ホノルルで初めてトライアスロンに挑戦しました。友人、知人らから、盛んに出ようよ~と誘っていただいていたのに、なかなか経営者時代にはできず。

1998年からフルマラソン歴は積み重ねてきたというのに、トライアスロンは未体験。

練習する時間が…と言い訳していた気もしますが、実は「長距離を泳げない」ことが、一番のネックだったかなあ、と振り返ると思います。

ハワイにはあんなにきれいな海があるのに、と言われるかもしれませんが、「教える場」が意外にないのです。

自分が知る限り、大人の水泳教室のようなものが、ワイキキで働く人々に便利な場所にはなかったと思います。

トライアスリートのためのスイミングクラブに通い始めたのは、ロサンゼルスに移ってから。

自転車もなかなか高価なものを購入して、着々と準備。

やっと巡ってきた初挑戦の場は、やはり懐かしのホノルル。友人らもたくさん出場する「ホノルルトライアスロン」だった、というわけです。

馴染みの場所で、コースもよく知る環境で、天気も完璧。緊張感はまったくありません。

参加者も、日本人率がとても高く、日本語の講習も事前にあったので、不安材料は全部払拭してくれました。

水温も高く、波のないアラモアナ・ビーチパークの海は、初心者にとても優しかった。

心配だった海でのスイムも、遠回りしながらも難なくこなし、終わってみれば、2時間40分台という、初めてにしては上出来のタイムでした。

 icon-pencil-square-o 体験談はこちらのブログ記事参照
  「初トライアスロン無事に完走!ホノルル・トライアスロン完走記

あんなにハードルが高く見えたのに、やってみれば、なんてことなかった、というのが感想で、皆も口々に言うのですが、フルマラソンの方が、体力的にははるかにたいへんです。

それはもう、比べ物にならないくらい、たいへん(笑)。

そっちを何度も何度もやっている自分には、単にテクニカルな側面をクリアするだけで、後は楽しいことこの上ない体験だったのです。

あーあ、こんな風に、『やらず嫌い」というか「やらずに怖いと思っていること」「無理と決めつけていること」って、あと、どのくらいあるんだろう。

やってみたら、案外、さらっとできちゃうことって、他にも結構あるんじゃないかと、あらためて思うのでした。

そういうことって、誰しも経験があるのではないかと思います。

たくさんの人の前で話す体験とか、大きなプロジェクトを任されてリーダーを務めるとか、メディアに出るとか、発表会、コンクール、テストに挑戦するとか…。

目の前にそびえる大きな壁、と思っていたものが、挑戦してみたら、あれ、これだけか、と思えるようなこと。

やってみたら、あれ、できちゃった、という体験。

確かに挑戦する前の準備や、本番前の緊張はとんでもないもので、たいへん過ぎて、二度とやりたくない、と思うかもしれないことでも、冷静に考えてみれば、ヤる前と、やった後では、自分の内側の何かが変わっているはずです。

それを、「自信」という言葉にきちんと置き換えて認識し、自分をアップグレードする糧にしていくと良いと思います。

そこで、上手にできなかった、とか、自己批判は禁物です。

そんなのどうでも良いではありませんか。挑戦してみたら、とりあえずはできた。その事実だけで、十分ではありませんか?

そのことを認め、褒め、ねぎらってあげましょう。

そして、確かな自信として、新たな挑戦へのエネルギーに変えていきましょう~

【10の成幸ステップ】無料講座に今すぐ登録!
メルマガ「未来通信」に今すぐ登録!