氷河期世代で…なんてどうでもいい! 20年も前のことを言い訳に使わない

アラフォー世代を相手にすることが多いせいか、

「いやあ、私はもろに氷河期世代で」

なんて言葉を27800回くらい聞かされてきました。

 

その度に聞いてみたくて、でも聞かずにいるのが、

「で、なんなのよ?」

という問い。

 

だから、今の状況がしょうがない?

だから、うまくいってなくて、当たり前?

だから、希望がなくてもわかってよ、なの?

 

確かに、お話するアラフォー世代に、

希望の抱き方、夢の見方がわからない人は多い気はします。

とくに、バブル期に20代を過ごした世代から見ると、

顕著にわかる違いかもしれません。

 

でもだからって、アラフォーが全員、同じ生き方してないし、

同じ金額を一律もらってる社会主義国でもないし(近いが)、

自由経済社会の日本とかアメリカでは、

選択は無数にあって、選びたい放題。

すべては「個人次第」なんですよね。

 

だから、20年前のことを言うのは、

もう、やめたまえ。


(著作権違反ですので、良い子は真似しないように)

 

ときに、学歴のことを持ち出す方もいます。

高校受験で失敗して…とか、

親が、希望の大学に行かせてくれなくて…とか、

それ、石器時代の話ですか?

みたいな大昔の話を、いまだに昨日のこととしてシニカルに語る。

傷のあるアタシ、カッコいいでしょってなことなんだろうか。

 

古代の「挫折体験」がトラウマで挑戦できないなんて、

あなたの時間、何十年、止まったままなの?

いったい、いつまでしがみついて、言い訳にしてるの?

 

それ、重っ苦しくない?

 

ダイエットとかしてないで、

クローゼットのお片付けしてないで、

自分のそんな重荷をどんどん

断捨離しなさい。

体重もきっと、減っていくから。

 

もう、過去はいいじゃないですか。

で、未来はどうするの?ってことを、話しましょうよ。

明日を、どんな一日にしたいのか。

そのために、今日、何をするのか。

選択は、あなたの手に委ねられているのです。

 

自分が勝手に「義務」と決めていることに、

勝手に追われ、勝手に焦り、勝手に罪悪感を感じ、

勝手に憤り、勝手に疲れ、勝手にキレる。

 

そんな暮らし、もうしなくても、いいんです。

石器時代をやり直すことはできないけど、

一足飛びに、人生一発大逆転を狙うことはできるのよ。

そしたら、気づくと、

過去すら書き換わっていたりするのです。

 

っていう人のための、新しいプログラムを、

20日にお知らせします。

燃料切れのタイムマシンにしがみついてないで、

上野エアラインの最新ジェット機で、

2020年にキャッチアップしてください。

石器時代の無人島に置き去りにはしませんから。

 

今は、こんなのでも読んでてね。

錆びたアンテナでは夢が映らない!
今すぐ最新アンテナに取り替える方法

上野ハジメの情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで、とてもたくさんの方に購読いただいていて 「毎日の日課です!」 「いつも気づきや新しい学びが満載です!」 と、嬉しいコメントをいただいています。

イベントや特別セミナー等の先行案内もメルマガのみで行っていますので、ぜひご登録しておいてください。

登録は無料。いつでも解除可能です

メルマガを購読する!