リカレント教育は未来の当たり前。人生真ん中世代は今こそ立ち止まって学び直そう。

8割の国民が25歳以上の社会がもうすぐ!

ご存知でしたか?

2030年には、国民の82%が25歳以上になるんだそうです。

1950年代は、わずか45%。

国民の半分以上が、24歳以下、という若いグループだったんですね〜。

 

その時代は定年も55歳だし、寿命もなんと60歳とちょっと。

ほっとひと息ついて遊んでいる間に、息を引き取ることができたわです。

でも、今や定年なんてものは形骸化しつつあって、70歳でも75歳でも、

あるいは一生、稼ぎ続けられる自分であれ、と言われる時代です。

 

そんな未来を生きていくには、小中高+大学という22歳までの教育では不十分。

社会に出てから、10年、20年、30年、40年という節目で立ち止まり、

自分を再教育していく必要があるのです。

 

教育とは、受験勉強のことではない

教育って言うと、受験勉強を思い出してうんざりする人が多いようですが、

大人になってから、好奇心と野心を抱えて向かう勉強は、

極上の楽しさがあるものなんですよね。

 

先日、転職活動中のアラフォー女性と話していて(以前の例とは別な人です・苦笑)

未来につながる実力とハクをつけるためには、

ここいらで、資格でも取ってみては?なんて話していたのですが、

経理系だから、会計士? ファイナンシャルプランナー? いっそ行政書士…?

うーん、どれも彼女の描く未来ビジョンからすると、全然ピンとこない…

本当はもっと飛躍したい、経営に近いところで力を発揮したいと思っている方なんです。

スペシャリスト、って感覚じゃない気がする…

 

で、突如、私、閃きました。じゃあ、いっそ

MBAでも取っちゃえば?

 

MBAホルダーは使えね〜とかほざく輩がいますが、

使えない上司の自分が能力不足ってことかもしれなくて(苦笑)

総合的に現代ビジネスの経営理論をおさらいするのは、

会社を俯瞰して見れるようになるし、私は無駄にならないと思っています。

ヘタな起業塾とか行くよりも、はるかに時間とお金の有効活用になる気がする。

そもそも、日本だと安いですしね。

 

大人だって大学や大学院に行っていい

高卒で〜とか、短大卒で〜ってコンプレックスを口にする方もいるのですが、

じゃあ今から大学行っちゃえば?って言うと、とんでもない〜って全身で否定されます。

なんでだろ?

私がハワイでMBA取ったときには、自分も30代後半だったし、

クラスには、40代も50代もたくさんいました。

「いやあ、管理職目指したいんでね〜」

「いやあ、これから起業したくってさ〜」とか、

年齢、性別、人種に関係なく、皆が明るい未来を信じて、楽しそうに勉強してましたよ。

MBAが人生一発逆転のツールだったのかもしれませんね、20年前のアメリカの場合には。

 

で、アラフォー女子クライアントですが、もちろんMBAというものはなんだか知っていても、

それを自分ごととして考えたことはなく。

そういうときは、どんな情報を目にしていたとしても、盲点となってスルーしてしまうもの。

 

「まさか、自分がMBAとか、考えつきもしないです…」としばし呆然(笑)。

でも、少し落ち着いて話していくうちに、

「あれ、なんだか考えてもいいかな、って気になってきました」と変化が。

 

そうなんですよね、別に普通の人が、普通に行っちゃうものだったりするのです。

働いている人が多数来るので、通信もあれば、週末も授業がある。

アメリカでは、週末だけで完結できたりしますし、当然、授業は夜間に集中していたりもしました。

 

値段も、いくつかのコースを見てみたら、アメリカの半分以下?って感じの安さ。

ここいらで自分に投資して、がっつりアップグレードをはかるには、ちょうどいい感じなんです。

 

犠牲者にならないために自己投資

こんなに変化が速い時代に、22歳までに学んだことが、20年後にも有効とは言えません。

常識は、アッという間に変わります。

旧態依然とした自分では、翻弄されて不安にさいなまれるだけ。

変化を感じ取って、変化の先を行くくらいじゃないと、「犠牲者」になって終わっちゃうのです。

本を年間100冊以上、読んで勉強しています、というように、自分でできる人はいいんです。

でも、そうじゃないならば、未来プランを真剣に考えて、

こうありたい自分にふさわしい教育機関に自分を放り込むといい。

 

それは、英語、なのかもしれないし、資格的なものなのかもしれないし、

その全部、かもしれません(笑)。

学ぶためにも、お金は必要です。

貯金をコツコツしてきたならば、今こそ自分に投資する時期。

それが最高のリターンを生む、もっとも効率の良い投資なんだと私は考えます。

 

最も安い自己投資はなんだ? 正解はこちらに。


大人世代だからこそ
今あらためて「勉強」しよう!