甘えベタは二重に損をする

クライアント向けには、メールサポート無制限、という特典をサービスしていて、

メッセンジャーだったり、ラインだったり、メールだったり、

いろんなツールから、時間関係なくメッセージが飛び込んできます。

その内容は、千差万別で、人それぞれで、その時々で。

何かの報告の場合もあれば、相談ごとだったり、コンサルさんみたいな質問事項だったり。

それから、何かブログやらメルマガやらの下書きのチェックを依頼されたり。

ときに深刻なチャットがエンドレスに1時間も続いたりすることはありますが、それも毎日じゃないので、負担になることはありません。

「無制限なんて言って、たくさん来たらどうするんですか?」

そう心配する同業の方とかもいらっしゃるのですが、いや、何でもいいから、とにかくコミュニケーションをはかってくれる人のほうが、

着実に考えているってことだし、何かしてるってことだし、試行錯誤して進んでいるので良いのです。

セッションとセッションの間で、一ヶ月も何も音沙汰なくて、気がついたら何も進展してなかった、

やると約束したことが、まるで進んでいなかった、なんてこともあるんですよね。

だから、何でもいいからコンタクトしてくれる方が、彼らが「どこにいるか」がわかって、こちらも安心です。

「え~、せっかくお金払って、利用しないなんて、もったいない」と外野はよく言うのですが(笑)、

できないには、できないなりの理由もあるものです。

だったら、途中でちゃんとSOSを出せればいいのですが、そこが曲者。

ハワイのクライアントが、この件について、リアルなブログ記事を書いていました。

甘え下手は人を悲しませてしまう?

皆さん、会社の仕事で行き詰まって、上司に「できません」って言えたりしますか?

同僚に、「できないから手伝って」って頼めたりしますか?

人は意外にSOSを出すことを怖がってしまうものです。

人に迷惑かけるんじゃないか。
負担になって嫌われるんじゃないか。
頑張りが足りないと思われるんじゃないか。

いろんな「不安」が妄想となって渦巻いて、言葉を飲み込ませてしまうんですね。

もちろん過去の教育もあります。

「そのくらい、自分でやりなさい!」

ああ、何度、親から言われてきたことでしょう(涙)。

真面目な人ほど、この罠にはまりがち。

できる人だからこそ、はまってしまうのもあるかと思います。

私のがんばりが足りないからいけないんだ…。もっともっと、やらないと…

そうやって、勘違いして、ドMのがんばり教信者を育てる結果になるのがオチ。

そうじゃないんです。

人は、頼られると嬉しいんです。

承認欲求が満たされますしね。

相手の時間感覚とか、頼むときの最低限の作法とか、感謝の表現にさえ気をつけていれば、そこから先は相手の問題。

できないことなら、できないと言うでしょうし、Too muchならば、そう表現してくれるでしょう。

「しょうがないなあ~」なんて面倒くさそうに言いつつも、内心は違うことも多い。

わからないことはわからない、と言うだろうし、一度ボールを投げて、あとは相手に考えさせればいいわけです。

それができなくて負担に思うのは、向こうの問題であって、あちらが学ぶべきこと。

自分の問題と、相手の問題。

そこをゴッチャにすることで、人間関係を複雑に考え勝ちですが、シンプルに線引きすると楽になります。

大切なのは、相手の時間や労力へのリスペクトや、心のこもった感謝の表現を忘れないこと。

甘えベタ、頼りベタだと、まずは自分ひとりで何でも抱えてしまって、多くのインプット、多くの助けが得られないデメリットがある。

さらに、頼らないことで、頼れるはずの身近な人が、ちょっと寂しい気持ちになってしまったりもする。

二重に損しちゃいます。

頑張りすぎず、不安におちいらず。

フラットな気持ちで、人に甘え、甘えられ、という関係が築けたらいいですね。

甘え下手は人を悲しませてしまう?

関連記事